石原ケイコ/偽りのフレイヤ


偽りのフレイヤ 1 (花とゆめコミックス) (amazon), 偽りのフレイヤ (honto)

■大国に蹂躙される小国で、王子の身代わりとなる少女を描くファンタジー。

身体を壊した母とともに母の故郷である村に戻って暮らしている少女。 しかし村の属する小国は大国に攻め込まれており、 その勢力は隣の村まで達していた。


一方で少女に救われ以来幼馴染としてともに育ってきた兄弟、 彼らは王都に出て兄は皇太子の近衛騎士になっていた。 そんな彼らが3年ぶりに故郷へ里帰り。ただし彼らが帰ってきたのには事情があった。


小国の王子は実は毒を盛られ瀕死の状態、 その彼は自らとうり二つである少女を探していた。 少女は偶然から王子に遭遇し、そして王子の身代わりを引き受ける。 なぜ彼女が王子にそっくりなのか、の理由は特に明かされないまま話は進む。 そして王子が死んだこともごく少人数のみに秘匿される。


かくして始まる入れ替わりファンタジー。「白泉社の王道大河ファンタジー」などと惹句にあるが、本作は話運びがやや遅め。これは人物の相関図に問題があり、王子が早々に亡くなるためいろいろ教えてくれることがなく、他にも主要な人物は退場、少女の周りに彼女を護りたいと 思う人物がいるわけでもなく、そもそも王子の政治的立場も小国の中で危うい、という設定なので少女の可動域が狭い。


巻末になり話が展開しはじめるが、一巻かけてこれでは続刊に手を出しづらいな…と思ったまま既に4巻まで刊行されてしまった。→偽りのフレイヤ【通常版】 4 (花とゆめコミックス)


【データ】
石原ケイコ
偽りのフレイヤ
【発行元/発売元】 白泉社 (2018/4/5) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 偽りのフレイヤ 1 (花とゆめコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 偽りのフレイヤ , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
男女入れ替わり 白泉社の王道大河ファンタジー、開幕!大国の脅威に怯えるテュール王国――…。小村の少女・フレイヤは病弱な母と二人、騎士となった二人の幼馴染の帰郷を待ちわびていた。だが、久しぶりに帰郷した幼馴染・アーロンは、その命を隣国から狙われているという…。アーロンの命を守るべく忍びこんだ城で、自分と瓜二つの容姿をもったテュール王子・エドヴァルドと出会い…? ちっぽけな少女の運命が、大きく動き出す!


■当サイトの著者他作品レビュー
石原ケイコ/敵は王サマ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM