武藤彩未 無観客ライブ_20200610

音楽関連記事です。

MIRRORS

610(武藤)の日!! 無観客ライブ開催プロジェクト 」としてCAMPFIREでクラウドファンディングされた有料配信ライブ企画。無観客ライブ参加チケット+限定AYAMIDIA(ライブ終了後に恒例で配布されるセットリストなど書かれた自筆コピー紙)が3,500円。なお6,100円で日付,サイン入りminiAL「MIRRORS」通常盤が追加、8,000円で610の日 ライブ音源データ(後日ダウンロードURLを送付)も追加、10,000円で610の日 ライブ動画(DVD)が郵送されるというプラン構成。409人の支援者のうち343人は1万円プランを支援。みなミニアルバムは既に手元にあると思いますが…うちにもあります…。

ライブは、SHOWROOMで開催。うむ。使いづらいぞSHOWROOM…しかも時間になっても始まらないのでこれでいいのかどうかわからず、いきなり始まると音が出ない…そうかミュート解除か、しかしどれだ…画面ごちゃごちゃしすぎや…。

ライブが始まると驚くほどの音の良さ。おお素晴らしい、と思うがこれが諸刃の剣。画質音質調整されないままいきなり止まる。うーん…他のライブ配信いろいろ見てきたけど、有料配信ライブ、しかも事前に人数上限がわかっているなかでこれはお粗末。でも視聴者から怒りの声が出ないのは殆どの人が後で見られるプランを選択しているからなのだろうな。配信ライブは、アーカイブと円盤化プランは必須かも。まぁ普通の有料配信ライブはたいていアーカイブがセットになっているものだけれど…。その点で3500円プランは割高かもなぁ…。一方でデータや円盤もらえる身としては、高音質で進行しているライブに、その場で見られない事態が起きてもマスターの良さを確信して納得はするのだが。

スタジオライブを撮影しリニア配信し、録画録音し、パッケージ化する仕組みを作り、課金システムとつないだものを、より高いレベルでできるところがあると儲かるというか、そういうものをコロナ以前に構築しているところがあったら今どき信頼されていたと思うんだが、まぁ、言うても詮無い。

セットリストは「MIRRORS」楽曲とカバー。松田聖子のほか杏里や「恋に落ちて」などあり。局数的にはそれなりもライブ時間は正味50分程度。それでも配信してくれるのはありがたい。告知は、610をあしらったTシャツグッズのほか、6/13からYouTubeチャンネルで月1〜2程度カバーを配信すること、そして次回8/15に無観客ライブの決定。それはめでたい。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM