諸葛宙、さいがりゅう/いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事


いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) (amazon), いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事 (honto)

■残虐な殺人をいとも簡単に行う殺し屋の話。 読ませるといえば読ませるが面白いとか魅力的かというとどうだろう…。

13歳の少年は、男を拷問しながら殺し、その様を撮影する。 それが仕事の殺し屋だった。依頼を受け、金をもらい、仕事をする。 そんなシリアルキラーの話。


少年が殺す相手は、誘拐して強姦殺人を犯したあげくに実刑を免れたような 人物たち。そこに、妹を同様の事件で亡くした青年が、少年に利用される形で 巻き込まれる。


心もなく淡々と殺人をするように見える少年と、 そこに巻き込まれつつ少年の行為に喜びを感じる青年。 事件を追う警察と、さらに少年が殺した相手の厄介な一族が絡んで、 話が転がっていく様は確かに読ませるのだが…。 面白いか魅力的かというと、どうも。


勧善懲悪な話に見えて別にどこにも正義がない話なのは 寧ろバランスがとれているのかもしれないが こうした話をわざわざカネを払って読むというのは相当悪趣味な気がする。


【データ】
原作=諸葛宙、漫画=さいがりゅう
いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事
【発行元/発売元】 集英社 (2020/6/4) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
十三歳の少年、シリアルキラー・しょーたろーが選んだ仕事は連続殺人鬼――!? 躊躇なく拷問し、殺害を繰り返すしょーたろーは、未成年の集団に妹を殺された黒鉄陽人(くろがねあきと)の前に現れ、衝撃的な言葉を告げる…。繰り返される殺戮、その目的とは!? 暴力性100%! クライムサスペンス開幕!!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM