音羽さおり/青色ピンポン


青色ピンポン(1) (講談社コミックス) (amazon), 青色ピンポン (honto)

■王道の運動部ものに難病ものを混ぜるが、主人公の 病気の設定は独特で上手い。

姉にこき使われる弟は今度入学する高校を見学することに。 そこで卓球部の練習風景に魅せられ、入部を決める。


王道のスポーツもの。才能と努力で皆が切磋琢磨し成長していく話。 あんまりテクニカルな感じはせず、バストアップの絵が多いのだが、 話運びのスピードが適切なのでするっと読める。


部内での代表決定戦に入っていくが、主人公は 自分のことに精一杯で他の部員や力関係をよく知らない、 とする設定は上手い。


なお主人公は難病にかかっているとの設定も。これが記憶を失う設定で、 なので全部忘れても残るものが欲しい、身体に刻み込ませたい、という一心で 技術を身に着けようとしているのは、この手の病気ものの設定として なかなか秀逸。


ところでこのペンネームで他社で描けるの?(ダメってことはなかろうが)


【データ】
音羽さおり
青色ピンポン
【発行元/発売元】 講談社 (2020/5/15) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 青色ピンポン(1) (講談社コミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 青色ピンポン , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto

その春、久々守秋人は高校入学を控えた15歳だった。 徐々に記憶を失っていく病におかされた秋人は、理心高校の2年生・夏目遥と、彼の身体に刻み込まれた“卓球”に出会った。 「美しいと思った」「どうしても欲しいものができた」…。だって、脳がすべてを失っても、肉体は“それ”を忘れない。だから、これは。 すべてを懸けるに値する出会いだった━━。 決して忘れ得ぬものを手に入れるため、初心者・秋人の挑戦がはじまる。


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM