蜜浦ミノル/ザ・ボルダー


ザ・ボルダー(1) (講談社コミックス) (amazon), ザ・ボルダー (honto)

■熱のある少年を主人公にしたボルダリングもの。

ロッククライミングに魅せられ、近所にある難関の岩に挑み続ける少年は中学3年生に。 その岩を目指してきたボルダリング父子に、そうした登るべき壁はいたるところにあると 聞き、少年の世界が広がるのだった。


小学6年からずっと同じ岩に挑むというのは、熱狂している証拠だろうが、 しかし、今の時代もう少しなにか勉強なりなんなりと思うが…地方で母子家庭という 設定ゆえと考えるべきなのか…。


諦めない力、熱は伝わるスポーツもの。岩登りに魅せられた少年が、 スポーツボルダリングの世界を知る。同い年のライバルがおり、その一年上には スーパースターが。ジムを運営するライバルの父が主人公の才能というか 熱を見抜いて導くメンターとなっており、資質ある人物が環境に恵まれたなかで 成長していく物語。


登場人物の性格がみな、いい抜けかげんで人が良く、 一方で負けん気も強くて、良い配置。でもヒロインの設定が話にうまく絡まない 立ち位置で微妙。このあとも彼女を絡ませていくつもりなのか? ボルダリングの世界は女子もいるので、普通に競技者を出して差し替えていったほうが 良いのでは。ただそれだと読者視点の人物がいなくなってしまうか。 主人公が成長してくると面白い話になってくると思うので、 続刊に期待。個人的にはスポーツクライミングをみるのが好きなので この作品には頑張ってほしい。伊藤ふたば選手、今年絶好調だったんだけどなぁ…いい休養になってるなら良いですが。


【データ】
蜜浦ミノル
ザ・ボルダー
【発行元/発売元】 ※電子版で購入
■購入:
amazon→ ザ・ボルダー(1) (講談社コミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ ザ・ボルダー , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
口下手で無骨な少年・山咲清一郎は、通称“ゴジラ”と呼ばれる岸壁を登攀することに無我夢中。何度落ちようと決して諦めず、来る日も来る日も登り続けていた。そんなある日、彼の前に若きクライマー・内匠拓登とその父・澄邦が現れる。2人との出会いをきっかけに、秘められた才能を開花させ、これまで以上に登ることの喜びを知った少年の運命は大きく動き出す! 成長と挑戦の灼熱ボルダリングロマン開幕!!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM