第21回兵庫チャンピオンシップ+第34回東京湾カップ

競馬関連記事です。


GW中の地方競馬重賞レース。無観客とはいえ競馬自体があるのは何より。netkeibaの矢野吉彦氏のコラムを読むと 無観客開催でも売上は増加傾向!でも、心配は尽きない… ということで、地方競馬はより売上増の恩恵を受けている様子。

地方競馬は南関競馬のSPAT4を使いポイントキャンペーンを活用しているので、5/6(水)は園田と船橋の重賞に注目。園田7Rは第21回兵庫チャンピオンシップ。距離1870メートルのダートグレードJpn2。3歳限定で1着賞金3000万円となかなかなの格。でも開始当初よりは賞金下がってるんですけどね…。勝ち馬は3回め以降JRA勢が独占。コパノリッキーやケイティブレイブなどその後の有力馬が勝っているレースではあります。

人気が4頭なので、4頭ボックス買いのスタイルだと、比較的人気のない組み合わせで決まるのを祈るのみ。◎12ヒルノマリブ ○10ダノンファラオ ▲9バーナードループ △7サンデーミラージュ

続いて船橋11R第34回東京湾カップ。南関東重賞で独自格付けS2。昨年までS3も2020年をもって昇格。ダート1700メートル。3歳限定で1着賞金1800万円。ブルーバードカップ2着馬までに優先出走権があるのでデスティネとサンスクリットに権利あり。以降、ヴァケーション、レイチェルウーズ、インペリシャブル、グリーンロードと賞金順上位が当レースを回避。なお上位2着馬までに東京ダービー優先出走権あり。

予想としては、◎2アマルインジャズ ○1デスティネ ▲3マンガン △11サンスクリット という感じでみております。

もしあたったら本ブログのおかげなのでアフィリエイト経由で何か買ってください。外れた場合は自己責任です念の為。当方の予想は過去数走の着差とそのレースの格に注目する手法で機械的に計算し上位4頭選ぶスタイル。中央重賞は◎の単勝と馬連・馬単・3連複・3連単のボックス買い推奨、地方は単勝買わず(負けが続いている場合は平均回帰を考え買います)、障害未勝利は逆に◎単勝推奨。年間均等買いで過去実績プラスですが実績は所詮過去の平均値でしかないのでご留意を。

前回の振り返り: 第32回かしわ記念+第22回かきつばた記念
かしわ記念は −1ワイドファラオ→▲4ケイティブレイブ→△6サンライズノヴァ 7頭立てで6番人気だったワイドファラオのまさかの逃げ切り。少頭数は割と荒れますよね…ルヴァンスレーヴは先行していってへたれ、モズアスコットは道中ずるずると後退ということで圧倒的な1、2番人気が飛びました。大勝負行かずに何より…。
かきつばた記念は ◎7ラプタス→▲8ノボバカラ→−2ドリームドルチェ うーむこれではオッズ的に…

【結果追記】
兵庫チャンピオンシップ ▲9バーナードループ→○10ダノンファラオ→△7サンデーミラージュ 人気順ですな…まぁ致し方なし。
東京湾カップ ▲3マンガン→−12エメリミット→○1デスティネ 



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM