【オススメ】 松尾マアタ/リラと花虻、嵐の中。


リラと花虻、嵐の中。(1) (ウィングス・コミックス) (amazon), リラと花虻、嵐の中。 (honto)

■【オススメ】35歳までに結婚しないと財産は国家が没収、 というタイムリミットの迫った主人公のお話。貴族はつらいよ。

恋人とデート中の主人公。ランチをすませて、 指輪を見せてプロポーズ、という段取りだったが 彼女からはもう会えないと別れ話が。 どういうわけか彼女は修道院に入ることにしたのだという。


なんだその悲劇、というのが冒頭で見せられ、 つっこみたくなる話だが、本作の本題はそこではない。 主人公が貴族の後裔であり、そのヨーロッパの小国では 男性は35歳女性は30歳までに跡継ぎが結婚しないと 財産が国に没収されるという法律があるのだった。 彼が32歳になる。もう3年しかない。 そのプレッシャーと向き合う話が本作である。


タイムリミットまでにパートナーを見つけなければいけないお話。 冒頭で運命の相手だと思っていた人と別れているので、 軽いゲーム感覚ではなく重みが出ている。 しかもその出来た彼女と相手を比べてしまったりもする。


従者に優秀な者を据えつつ、彼も彼で抱えているものがある、 という形にして話の広がる余地を持たせているが、 一巻では主人公に焦点をあてて展開しているので 物語が無駄に拡散せず読み手も集中して読める流れに。 継いだところで相続税は高く、商才がなければ結局大変、 という話は描かれており、主人公自身も家を維持する ことはしたいが相手をそのためのツールとしてではなく 恋愛相手として見たいという考えであり、 そのあたりのバランスが良い。


主人公に話を絞って、あんまり拡散しないで 進めたほうが手堅いと思うのだけれど、 巻末のエピソードを見るといろいろ揺さぶりあるのかな…。 なんにせよ続刊に期待。


【データ】
松尾マアタ
リラと花虻、嵐の中。
【発行元/発売元】 新書館 (2020/4/25) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ リラと花虻、嵐の中。(1) (ウィングス・コミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ リラと花虻、嵐の中。 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
交際中のレベッカに突然別れを告げられ、マックスは焦っていた。マックスはヨーロッパの小国の青年貴族だが、今や貴族の生活も楽でなく、マックスの家では居城をホテルにして営業中。しかも35歳までに結婚しないと財産は国に没収されるという理不尽な国の政策があり、家族や従業員のためにもマックスはなにがなんでも結婚相手をみつけなければならず……!! マックス、婚活はじめます――!!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM