ボクコネ〜ぼくはテクノカットよりコネチカット

舞台鑑賞記です。
喜劇かと思ったら悲劇だった。

博品館劇場での公演は中止となったが配信されることになった私立恵比寿中学出演の舞台。 古アパート舞台の昭和な疑似シェアハウスものかと思いきや、サバイバル宇宙船ものだったという。

選択は結局、選択肢が狭まってから行うしかなくて、仮定の話はいざ現実になると役に立たないよね、という哀しさは、ふと現実世界をみると威勢の良いことを言っているひと多いけど所詮当事者じゃないし他人事だからよね、というのと通じるかも。

宇宙船運営側にいくつか目論見があり、それゆえに話が回っていくのだが、そこが物語を回すことに注力しすぎていて依存していたかな、というか、そのためだけに存在していた目論見や隠し事な感が強くて、そこが引っ掛かったかな。それに加えて宇宙人という存在もあり、これはまぁ話としての救いでもあるし神の視点として必要なのだろうけど、真相を何も知らないアパートの住人たちが物語が進むにつれて埋没していった感があり。

配信は、画質も問題あるし、ループ入っちゃう部分もあったし、リニア配信は難しそう。 配信側が配信数とサーバを冷静に見極める必要があるので。今回はアーカイブあるから納得できるけども。 そもそも4/25(土)は最初の配信となるはずだった4/18(土)の振替で、初回を見るはずだったのに停電のため1週後に延期されたという経緯もあり。 しかし、東京は渋谷区で300軒程度だけ発生した停電にピンポイントで遭遇してしまうところがエビ中らしいというか何というか…。 あと無観客だと音楽ライブ以上に舞台は難しいかも。反応期待して演出している部分はあるわけで。

ボクコネ〜ぼくはテクノカットよりコネチカット アフタートーク付きリニア配信¥3,900

エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM