201912_浜松

旅行記です。
宿泊はオークラアクトシティホテル浜松。ホールには地下で繋がっている。駅からもすぐで、うまく地下道を歩けば駅からホテルまで繋がっている。部屋は割と広く、窓からは向こうに海が見えて、良い景色。ただし水回りは狭め。One Harmonyのエクスクルーシブ会員だと13時のアーリーチェックイン+15時のレイトチェックアウトが適応されるそうな。まぁ13時に行ってもフロントに人がいないとかJALの旅行券出しても対応に時間かかったあげく直接予約なので今回はお支払い可能ですとかまぁ日本のサービス業の典型的な対応でしたが…J。

浜松は1泊だけになってしまったので、とりあえずさわやかには出陣。どのさわやかが空いているかをチェック、遠鉄百貨店の上にもできたようだがそこは混んでいるのと、浜松駅からはどこでもバスで行ける感じだったので、さわやか浜松和合店へ。結構バスが頻繁に走っており、バス停は店の目の前。というか会社の本部もそこにあるのね。40分ちょっと待ちましたが、無事にげんこつハンバーグにありつくことができました。ソースかけずにそのままと、あとは塩コショウで十分。オニオンソースでさえ要らないのでは…。ワインデカンタで頼みサラダつけても2人で4000円行かないので、そりゃ旅行客の食事には最高の場所ですわ…。なお遠鉄バスは他社ICカード交通系電子マネーは使えず。旅行客は現金で払うしかない。いまどき面倒くさい…。整理券にコードが印刷されていて料金読み取ることができる、といったガラパゴス進化を遂げていたが、カネかけるところ、そこ?まぁ先に進化しちゃったからこういう事態になっているんだろうけど。旅行客のこと考えたらPASMO,SUICA対応はお願いしたい。

なお以前浜松では餃子を食べに助信のむつ菊さんに行きましたが昼の開店時刻になっても開く気配がなく…あ、当時のメモが出てきたので以下。

浜松餃子の有名店。助信にある漢字で書く方。予約必須というが電話は繋がらず。月曜火曜は定休なので水曜の開店時に直撃。並ぶ列はあるが定休日の札が下がったまま開店しない。待ち客がざわつきはじめた12時15分に車でお店の方が到着。仕込んだものを運び入れつつもそこからまだ準備があるようで30分過ぎてようやく案内が始まる。予約客はまだいないようで順番に入店するものの第一陣には入れず。待合室に案内され待つこと一時間。13時30分に入店。店頭は既に予約客で終了との表示に変わっている。おいくつにします、というので特大26個1100円を二つ。味噌ホルモンは頼めず。 小ぶりな餃子がカリカリとあがってくる。特大は一皿づつ供され食べ終わるまで45分。まぁ美味しいが、とはいえ待たされたスパイス分もあり。開店も回転も美味い素人の店と承知していくべし。

お土産。遠鉄百貨店で済ませることに。治一郎で遠鉄限定の抹茶バームクーヘン。まるたやであげ潮、50グラム270円。

旅行は東海道新幹線でJR東海のEX予約から。ただ、東京から大阪行くには早得の料金あったが、浜松へはさほど安いプランが出てこず、それならとこだまのグリーン車乗車プランを選択。まぁ時間かかるんだけどね…。土産物買った際に荷物をどう置くかは難題。そう考えるとスペース広めのグリーン車選択は正解か。しかし他の新幹線乗ると、東海道新幹線の車両は、こんなものでたいそうな料金取るのか、と愕然としますが…。


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM