201912_大阪

旅行記です。
大阪はももいろクローバーZのももクリ大阪城ホールのために旅程組んでいたのだけれど結局ライブのチケットとれず。しかし他の予定を組み込んでいたので大阪行きは決行することに。ザ・リッツ・カールトン大阪ヒルトン大阪コンラッド大阪ホテル日航大阪に宿泊。

・リッツはSPGアメックスの無料宿泊ポイントを活用できたので利用。朝食もつかないしクラブフロアに泊まれるわけでもないのであまり意味のある宿泊ではないが、ビルボードに最寄りということで選択。大阪宿泊は初なのに情報は色々入っていてスタッフさんの対応も丁寧。ゴールド会員という効力ほぼないポジションも14時レイトチェックアウトにできたのはありがたい。ただロビーラウンジのアフタヌーンティーは、甘すぎた…。

・ヒルトンはダイヤモンド会員維持のためとビルボード最寄りなので。HPCJで予約しつつフラッシュセールで安くなったので置き換え。エグゼクティブラウンジのカクテルタイムは一時期のコンラッドを凌駕する内容からは一歩後退とはいえ福岡や名古屋の次くらいには頑張ってはいるかな。

・コンラッドのエグゼクティブラウンジはまずまずも、朝食はなぜあそこまで食べるものがなく旨くもないのか…。ヒルトン大阪のほうが朝食は良いのでは…。ハードは大好きで、バスルームの工夫など、ヒルトンとの差額分に値すると思いますが。しかし毎度のことだがレイトチェックアウトが渋すぎる…。あとベアやダックの処遇が泊まったときによってバラバラなのは何なのか。

・日航大阪はJAL旅行券の処理のため。しかし素泊まりでなんでこんなに高いのか…こうして他のホテルに泊まるとヒルトンさんのありがたみを感じる次第。ただ、エクスクルーシブ会員ということで、フロントでスナックをもらい(リンツのチョコなど)、ソフトドリンク無料券も提供を受けた。それを使ってスカイラウンジへ。ハッピーアワーでカバーチャージは会員本人は無料ということで結局2人で4杯を半額で飲んだようなものか。

食べ物的には、あまりホテルの外に行くことがなく。初日はリッツのラウンジでアフタヌーンティーに、ビルボードはサービスエリアがプレートのセットつき料金のみだったので強制的に食事が出てきた。そして、この料理が今回の大阪宿泊で一番美味しかったという…。

2日目は朝食抜きで昼にヒルトンプラザにある中華、民生へ。すごい行列でチェックアウト時間が気が気でなかったが、無事ランチにありつけた。中は広く、スタッフのサービスレベルがおしなべて高い。いや、大阪は全般的にサービスはどこも良いと思うが。料理もリーズナブルで素晴らしい。しかもいいテンポで出てくる。文句の付け所がない。そりゃ並ぶわけだ。

3日目はホテルの朝食とラウンジのカクテルタイムくらいで、あとはバーに行って飲んだくらいか。コンラッドのバーではたこやきをアレンジしたカクテルがあったが、さすがに頼む勇気はなかった。なお次回コンラッドに行く際はアフタヌーンティーを利用してみたい。 4日目ははり重さんの洋食レストラン。通し営業してくれていてありがたい。カツカレーを頼んだがカレーライスは美味かった。

象印食堂。なんばの常設店。なんばスカイオの上階。ダイナック倶楽部のポイントもつくようなので行ってみた。ごはんおかわり自由でいろいろ出てくるのは悪くないが値段に見合うかというと、どれだけごはんを食べられるかによるような…。あと、120分飲み放題をつけたWEB予約が閉店120分を切った来店時刻でもできてしまうのはシステム上のバグでは?店に行ってもスタッフからその辺の案内が何もなかったので、これはいずれ揉めるのでは…。ダイナックのお店の料理は基本美味しいところが多いのだが、酒はだいたい褒められたものではない。サントリー傘下のはずなのに、なぜ…。なおダイナック系列はダイナック倶楽部のポイントシステムを駆使してこそ。そうでないと割高、使いこなせば割安。

結局、大阪は、ここは美味しい、って経験がほぼなく…ホテルとしては大箱すぎて大味と思ったリーガロイヤルだが、シャンボールはさすが!おみそれしました、と思い、牡蠣が食える立ちのみのすしまる で微発泡の白ワインガゼラを覚えたと記憶してますが、印象に残ってるのはこの辺くらい。どのお店もサービスのレベルは非常に高いと思うんですけど、味に関しては、どういうことなのかなという感じで、でもまぁ大阪は色々な意味でニューヨークみたいなものかなと思うと納得できるような気もしますが。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM