【オススメ】 栗田あぐり/厄災が俺を愛してる


厄災が俺を愛してる(1) (裏少年サンデーコミックス) (amazon), 厄災が俺を愛してる (honto)

■【オススメ】グロテスク、という惹句と表紙絵がミスディレクション。 悪魔が乗っ取る系の話というより、愛を知りたい者の話だった。

教会で育った幼馴染の男女。男の子は喧嘩っ早いが、子供の頃に 手術をしているほど心臓が悪かった。死なないように、と神様に願った 女の子は、以来それが習慣に。そしてある日、彼が前日喧嘩した相手が 襲ってきて刃物で彼を刺した。その瞬間、自分はかつて一回死んでいたことを 思い出す。


神様などいない、という話。神のかわりに、だれでも良いから助けて、 と願った幼い少女の願いに応じて、少女の命20年と引き換えに 10年の命を悪魔が授けたのだった。そして今日がそれから10年目。 彼の命が更に10年伸びるかわりに、悪魔は少女とその体を入れ替える 契約をした。


少年からしてみれば、彼の命のかわりに彼女が犠牲になった構図。 本物の彼女を返せ、と言う彼は、実際のところ本作では狂言回しにすぎない。 とはいえ彼はフラットキャラクターではいられず、彼の心情が変わらない限り、 話は転がっていかない。


本作のユニークさは、悪魔が悪意で何かを提案したり契約しているのではなく、 寧ろ興味というか、無味乾燥な化け物としての日常に嫌気が指し、人間の 生活に憧れて、しかも彼という人間に惹かれてこの世に顕現したというところ。 上級な悪魔ほどきちんと人間と契約して、契約に縛られた存在として この世にあり、下級な悪魔は身勝手に乗っ取りに来る、というのも 面白い。


物語は、小さなエピソードとして、悪魔が襲ってくる、というものを用意。 それを主人公は悪魔の力を使って祓っていく形に。加えて、上級な悪魔を 別にも用意。そして、上級な悪魔は確かにノーブルであり、人間以上に 人間的なものに憧れ人間であろうとしている姿が、深い。


人間の愛情を自らのものとして知りたいと思う悪魔の哀しさを描く話で、 あらすじや表紙から想像したものとはまるで違う内容だった。 この売り方は勿体ない気もするが…。人間のほうが悪魔より酷いんだ、 という話ではなく、下級な悪魔が来て人間界を荒らす展開を メインにしたのも良かった。人間の酷さが出てくる部分もあるが、 悪魔はそもそも人間の良い感情を深く知りたいと思っていたので、 この流れしかないわけだな。


【データ】
栗田あぐり
厄災が俺を愛してる
【発行元/発売元】 小学館 (2020/4/17) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 厄災が俺を愛してる(1) (裏少年サンデーコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 厄災が俺を愛してる , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto

最もグロテスクな純愛譚が始まる!
喧嘩騒ぎの中で命を落とした少年・轟勘治。 幼馴染の少女・愛理は勘治を救うため 悪魔・アイオーンに己の全てを差し出した。 悪魔の望みはただ一つ「人間の愛を知る」こと。 そのためにアイオーンは愛理になり替わり、 勘治と愛をはぐくもうとする。 いっぽう勘治は、愛理を奪ったアイオーンに 激しい憎悪を向けるのだが…


■当サイトの著者他作品レビュー
栗田あぐり/片翼シャトル

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM