(2020_12)新しい学校のリーダーズ/崎山蒼志「男女比一対四」@高円寺HIGH_20200201

ライブ鑑賞記事です。
こんな素敵なものをこの値段で見せてもらえるのか…と感激の2時間。

はじめての高円寺HIGH。ステージが高いのでこのキャパシティでぎっちりながら見やすいっちゃあ見やすい。フロア下手は空いてそうだが視界を考えるとフロア後方の一段高くなっているバーカウンターの前スペースのほうがより見やすいか。場内は習字紙はりまくり。これは持ち帰り自由とのこと。新しい学校のリーダーズのみ撮影可。とはいえこちらは写真とるスペースも余裕もないので撮っておりません。

崎山蒼志 これまでタイミング合わず、今回ようやっと見ることができた。スケールの大きさを感じるステージ。一部オケ、同期ありも、基本ギター一本の弾き語りシンガーソングライター。なのだが、そのカッティングギターはさながら打楽器のようにビートを刻み、転調転拍子緩急を一曲のなかでつける変幻自在さ、こんな激しいリズムで歌うSSWなんてまずいない。ヒップホップ、ラップよりよほどR&Bなテイスト。ステージ上にいるのが一人とは思えない、スター性カリスマ性のあるライブアクト。その歌声は好き嫌いありそうだが、ライブは一見というか一聴の価値あり。次回東京公演は会場が新世界。ってどこ?と思ったら鶯谷のキネマ倶楽部の下のダンスホールか!

いつかみた国(DVD付)
・男女比一対四 と題して、新しい学校のリーダーズが出てきて寸劇しながら崎山くんを呼び込みいくつかインタビューする幕間の茶番あり。崎山パイセン、って呼んでるけど、新しい学校のリーダーズの面々のほうがキャリアも年齢も上よね?

新しい学校のリーダーズ 昨年イベントで見て、今まで食わず嫌いだったのを反省した新しい学校のリーダーズ。今回はKlang Rulerによるバンドセットでの披露。そのなかでもSUZUKAさんのヴォーカルははっきりと。前回みたときは茶番というか劇仕立てだったのだがあれはイベント、対バン用の組み立てだったのだろうか。今回はわかっている人が見に来ること前提だからか、もっとストレートに楽曲を見せる形でMC少なめ。パフォーマンスは、パワフル。アクロバティック。チア的というよりも組体操を思わせる。フリが一般的なアイドルと違い、リズムと連動して躍動感あるのは、自分たちで振り付けているからか。彼女たちは存在がモダンアートである。崎山さん作詞提供曲ではコラボレーションもあり。次の公演は渋谷Veatsだそうで、そうか、彼女たちはレーベル、ビクターなのか。

マエナラワナイ
この二組を一緒に見れたのはラッキー。と言いながら近々また見る機会があるんだよな。楽しみです。

2020年12回めのライブ鑑賞

新しい学校のリーダーズ/崎山蒼志「男女比一対四」@高円寺HIGH adv.¥3,000

主催・企画・制作:新しい学校のリーダー達




search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM