(2020_15)ニッポン放送 ももいろクローバーZ ももクロくらぶ xoxo 〜バレンタイン DE NIGHT だぁ〜Z!〜2020「表」@横浜アリーナ_20200209

ライブ鑑賞記事です。

ZZ's
バレイベは、癖がある。ももクロ初見の人にはオススメしない。

ももクロ8回目となるバレンタインイベント。公開録音という立て付けのニッポン放送の番組主催イベントだがスポンサーがロッテから太田胃散に変わっても続いている。

横浜アリーナでの「表」と「裏」2日間開催が基本。「表」はがっつりライブなどと言われていた気がするのだが、正直そうでもない。ゲストを呼ぶコーナーがあり、ドラマ仕立てのコーナーあり、スタッフ交えての茶番アトラクションあり。一方で3時間半の長丁場も立ちっぱなしではないこと、外周使って席に近いところまで来てくれる場面が多いこと、他のライブでは滅多にないソロコーナーが織り込まれていること、ふだんはないカバー曲もあること、ゴボウことニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが司会進行として参加してくれること、あたりはメリットか。

個人的にはあまり熱心に見に行く気がなく、2017年は現地で見ているが2018年はライブビューイング、2019年は私はLVすら見てない。2020年は現地へ赴いたが、うーん、印象は変わらないかな…。ももクロほぼ全通で何みても楽しめるというファン向き。プロ野球でいえば公式戦ではなくてファン感謝デーとオープン戦を足して2で割ったような代物。入場の仕組みは考えられていて、階段上にあげてぐるっと回して場内にある事前認証部屋に入らせたのちリストバンドを巻いたら再び外を半周まわして入り口にもどって入場という形。歩かされるが、列が停滞することはないのでストレスは低い。

冒頭はももクロちゃんライブ。ゴルヒスで百田さんが裏声で歌っていたが、それでいいと思う。これまでは体力まかせでぐっと声を張り上げてやってきたがその歌唱法をずっとすべての状況で続けていくのは無理がある。灰ダイで砂にまかれるのとか、エビ中の「まっすぐ」のラストもそうだが、前任者が地声でやっていたパートをそのまま再現しようとしてもそれはさほど意味がない、というのとはまた別で元から自身の歌割りである箇所の歌い方を変えるのは覚悟がいるとは思うが、本人やその歌を長く歌い続けていくための変化というのはあって然るべき。正直百田さんの歌い方には心配に思う部分もあったので、ちょっとほっとした。とはいえ一方、新曲ではがんがん張り上げてましたが。ケースバイケース、その場その場で判断して使い分けてやるときにはやる、ならいいのでは。他の曲聴いてると、ちょっと音下げてるかな、と思うので色々考えて調整をしていそう。

その後ゲスト登場。古舘伊知郎さん。実況について。毎度思うが、この辺は、同じももクロでもFM東京のSUZUKI提供ハッピー・クローバー! とかぶってないか…。実況すると過去でも近未来でもない今を見つめる機会になる、という話は興味深く、障害物競走もまぁ楽しかったが、とはいえ尺長すぎでしょう、さすがに冗長では…。まぁその後のスタッフ出てきてのラグビー茶番が一番無駄ですが…。

バレイベの利点としては、他のライブでは滅多にないメンバーのソロコーナーが設けられているところ。佐々木さんや高城さんはソロコンサートもありますが、玉井さん百田さんはレア。特に今回、百田さんが新曲「それぞれのミライ」を用意、しかも自作歌詞による熱唱系バラードだったのは意外。他のメンバーは前日の「裏」とは別の曲も百田さんのみ共通。自筆の歌詞が最初にざっとモニターで紹介され、去っていく人たちと残る自分という対比でそのテーマ設定に驚きつつ、新曲なので歌ってる間も歌詞出してもらえたらもっとわかりやすかったと思うけど。

18時すぎてからOvertureがかかりももクロライブ再び。チャイマ、ステゴ、リストーリー、ツヨクツヨク、サラバ、吼えろの6曲+アンコールで全力少女、走れ。うーん…。ももクロのライブを見に行くのであれば、バレイベは最善の選択ではないだろうなぁ…。特に初見の人には、フェスで見るももクロのセットリストのほうが引き込む力があるのでは。

横浜アリーナは新横浜駅が最寄り駅だが、バスでのアプローチもあるし菊名駅から徒歩でも15分程度で行ける。菊名からJRに乗り換えて向かうくらいなら寧ろ時間も読める。ただ狭い道なのに車通りが多いのが難点。

今回は横浜土産の話が出て、崎陽軒とありあけのハーバーへの言及があったので、帰りにハーバーの袋もった人を散見、新横浜駅の崎陽軒には長い行列が…みな買えたのかしら…。1.2万人の動員があれば1%の人が買う気になっただけで120人ですからね、相当のインパクトでしょう。

なおももクロちゃんも言っていたが15時30分開演なので、昼食とってから会場にいって、終わってからは夕食に向かえる時間設定なのは便利。菊名駅西口にあるイタリア料理BARBA(バルバ)は食べ物美味しく量がある割にコストパフォーマンスよくリーズナブル、サービスも素晴らしく提供も早い、良いお店。これでフロア一人キッチン一人だったりするので凄い。

ニッポン放送 ももいろクローバーZ ももクロくらぶ xoxo 〜バレンタイン DE NIGHT だぁ〜Z!〜2020「表」@横浜アリーナ adv.¥8,100
主催・企画・制作:ニッポン放送
制作:ミックスゾーン
協賛:太田胃散/QUICKPay
制作協力:キョードー東京



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM