【オススメ】 ぬじま/怪異と乙女と神隠し


怪異と乙女と神隠し(1) (ビッグコミックス) (amazon), 怪異と乙女と神隠し (honto)

■【オススメ】怪異現象に巻き込まれつつヒロインは嬉々として その事態を受け入れる。面白いのだが、この表紙はミスマッチでもったいないのでは…

閑古鳥のなく書店でバイトする女性。彼女は実は若くしてデビューしつつ、 その後行き詰まってしまった小説家でもあった。そんな彼女に、逆万引きの本が 渡される。万引の逆、本が盗まれるのではなく、増えるいう現象があるのだと。 そしてその不気味な本は、この世のものではない、呪いの本だった。 自宅まで持ち帰った彼女は、その本を読むことで、呪いを発現させてしまう。


そんな怪奇話を描くにあたり本作はヒロインにフォーカスしすぎず距離を置き、 別の人物を狂言回しに据える。それはバイト仲間の男子。 しかも彼は、怪異について非常に良く、深く、知っている。 おかげで話が客観的に見えてくる。巧い。 一方でヒロインは作家である好奇心が先走り、自身の置かれた状況を 寧ろ受け入れて活用しようと試みる。不条理による窮地に逃げ惑うヒロインではない。 なので話が面白く転がっていく。


ヒロインが怪異と相性が良かったがゆえに自身の中にそれを取り込み 自在に使えるようになるという展開はご都合主義だが、 そうでないと次の話に進まないのでこれは良い設定。 怪異の世界である人物と、怪異を受け入れる人物とで、話が深まっていく。


ヒロインとバディとなる人物が、ヒロインの作家としての才能を 心の底から認めているというのも優しい話で素晴らしい。 しかしこの話でこの表紙で良いものなのか…。


【データ】
ぬじま
怪異と乙女と神隠し
【発行元/発売元】 小学館 (2020/4/10) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 怪異と乙女と神隠し(1) (ビッグコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 怪異と乙女と神隠し , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
現代怪異!謎解き!異世界ミステリー!
<これは、数々の怪異をめぐるささやかな友情と別れの物語――>
若返りの怪異“月読の変若水(ツクヨミノヲチミズ)” 絶対に声に出して読んではいけない“異界の歌” 知らない本がいつの間にか書棚に並ぶ“逆万引きの本” 神隠しの実録ルポルタージュ“仙境異聞”・・・
首都圏のとある中心駅、この町では何かが起きている……。 令和の世に残された最後の迷宮、“現代怪異”のミステリーに、 しがない小説家志望の緒川菫子(おがわ・すみれこ)と、童顔糸目の魔少年・化野 蓮(あだしの・れん)のコンビが挑む! 求められるのはオカルト知識と体力勝負! この町にあふれる数々の怪異を解く先に2人を待つものは……?
ミステリアス&バイオレンス&アクション&エロティック現代怪異ロマネスク!!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 ぬじま/歌うヘッドフォン娘

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM