【オススメ】 伊瀬勝良、横田卓馬、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト/すべての人類を破壊する。それらは再生できない。


すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (1) (角川コミックス・エース) (amazon), すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (honto)

■【オススメ】世紀末、カードゲームと世相を交えて描く青春物語。

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社協力のもとマジック・ザ・ギャザリング(MTG) について描く、安全な「ハイスコアガール」とでも言うべき作品。


MTGについて何も知らないことと、90年代末に中高生ではなかったので同時代感も微妙になく、なので傍観する感じでしか読めない作品ではあるのだが、甘酸っぱい青春ものと考えればよいのかもしれない。恋愛未満な男女の友情もの。


時代は1998年。ノストラダムスの大予言にある恐怖の大王まであと一年。学年2位の少年はMTGに夢中。そんな彼がライバル心を燃やすのは、学年1位の美少女だった。優等生でクールに見えた彼女だったが、実は自身もMTGをやりこんでいた。軽量級でスピード第一の少年のデッキは、緒戦は勝利したものの次戦ではきっちりやり返されてしまう。


中学生の割に大人っぽいし行動範囲が広い気がする話。とはいえノスタルジックを絡めるにはそうでないとやりづらくなるだろう。世相を絡めつつ、扱うゲームは基本的にMTGのみ。監修協力として権利者に入ってもらっているので妙な横槍はないだろう。


中学生の一瞬、90年代末という時期に絞り込み、マジック・ザ・ギャザリングにのみ乗せて綴る青春もの。一点突破の「ハイスコアガール」という感じか。その時々のゲームで彩り数年のスパンで描いた青春大河ドラマ「ハイスコアガール」の換骨奪胎という作りで、たしかにより作りやすいのはこちらのやり方だろうなぁと思う点で後発作品でもあり個人的な評価はそれなり。ただし、スイートなジュブナイルとして十分楽しめる作品ではあると思う。続刊4巻まで刊行済→すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (4) (角川コミックス・エース)


【データ】
原作=伊瀬勝良、漫画=横田卓馬、監修・協力=ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
すべての人類を破壊する。それらは再生できない。
【発行元/発売元】 KADOKAWA (2019/5/25) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (1) (角川コミックス・エース) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
神納はじめは、仲の悪い学校の優等生・沢渡慧美と、流行のカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」を通じて、交流を深めるが……!?  ※特別特典公式プロモカードは書籍版のみの特典となり、電子書籍には付属しません。


■当サイトの著者他作品レビュー
伊勢勝良、天野しゅにんた/ラストメンヘラー

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM