せきやてつじ/寿エンパイア


寿エンパイア(1) (裏少年サンデーコミックス) (amazon), 寿エンパイア (honto)

■それを狙っているのだろうが、爽やかでもあるが不快でもある話。 昭和テイストの耐える作品の令和版か。

老舗寿司屋の跡取りもの。 日本の名店とされる店、当代には再婚相手の連れ子がいるが、 技術はともかく性格に難あり。そんななか、かつて愛した 人の子供がハワイにいた。


その少年を主人公とする話。亡き母を知る人物にスカウトされ、 腕もありリーダーシップもある少年は 本物の寿司職人としての技術を磨きたいと日本に赴く。 母は日本から息子を遠ざけたく、その遺言に養父も従っていたが、 少年自身の思いは止め難く。一方、実子がいると知った実父は、 優しい対応であまり変な人には見えない。


ここまでの設定はまぁ良いとして。本作はここに付加されていく 設定が微妙。寿司屋は古風な日本料理店の伝統そのもの、 悪意に基づく嫌がらせが横行する。ライバルは叩き潰すもの。 それに対して、主人公は無邪気かつ健気に対応してしまう。 うーん・・・なにこれ、いまどき「おしん」みたいなのやりたいの?


とはいえ単なるいじめものにはとどまらず、色々なキャラクターが 続々出てきて話はバトルもののような方向に。 勢いはあるし主人公は能天気で良いのだが、 韓国ドラマを見ているようなイライラ感は否めず。 日本の会社や組織のどうしようもない酷い、非効率な構造を 如実に示した作品なのかもしれないが…。


【データ】
せきやてつじ
寿エンパイア
【発行元/発売元】 小学館 (2020/3/19) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 寿エンパイア(1) (裏少年サンデーコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 寿エンパイア , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
さあ、寿司の時間だ!
日本の料理界に燦然と君臨する 寿司の老舗・華山。 だが、その4代目・華山剣蔵に 老いの影が忍び寄り、 寿司の帝国は静かに傾きつつあった。 亡き母親の足跡をたどって ハワイからやってきた少年・湧吾は、 華山の寿司職人となり、 熾烈な後継者争いに挑むこととなるが…


■当サイトの著者他作品レビュー
せきやてつじ/火線上のハテルマ
せきやてつじ/バンビーノ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM