アンギャマン/夜ヲ東ニ


夜ヲ東ニ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) (amazon), 夜ヲ東ニ (honto)

■夜しかない世界で、旅人は「朝」を探し続ける。 未来冒険バディもの。

永遠の暗闇、夜しかない世界。 「自らの手で作れないモノにたよってはならない」とする 火の神の教えが蔓延しており、遺物や遺跡は悪魔のものと恐れられている。 しかし、それを使い狩りをする者と、 やはり遺跡を持ち、かつてあったという「朝」を探す旅人とが相まみえる。 そして、二人は旅をすることに。


文明が朽ちたあとの世界を描く作品。 宗教が支配しており、経典の教えを拡大解釈して神官たちによる 恐怖政治が行われている状態。 遺物や遺跡についてその利益を独占しているという見方もできる話。


電子版のみというリリース形態のようだが、オールカラーで意欲的。 ただ他の類似作との違いが見えてこないので、 この手の作品を未読の人には薦められるけれどもその手の人は すんなりとは読まないだろうし、 とはいえこの手の作品が好きな人には同工異曲に見えてしまいそうで、 なかなか難しいところ。


【データ】
アンギャマン
夜ヲ東ニ
【発行元/発売元】 集英社 (2020/3/4) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 夜ヲ東ニ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 夜ヲ東ニ , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
【デジタル着色によるフルカラー版!】この永遠の暗闇を人は“夜”と呼んでいる。遥か遥か昔には、“夜”とは対の存在があったという…。ランプよりも明るく、人類にとっての希望の光。男は独り探し求める。忘れ去られた<朝>を――。


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM