【オススメ】 佐藤啓/花松と5人の女


花松と5人の女 (モーニング KC)

■【オススメ】任侠ものでもブラック企業ものでもあり配送業界の現実を描くものでもありつつ、しかしテイストは想像するものとは一風違った飄々とした一品。

仕事は絶対にやり遂げる伝説の鉄砲玉、そんな彼は敵対する組長を殺害したことで刑務所に。そして15年の刑期を終えこのたび出所。足を洗い堅気になると決めた彼が就職できたのは、配送員だった。


血で血を洗う物流抗争、仁義なき配送の世界、として、シビアでブラックな配送業の現場を主人公は任侠の世界と重ね合わせてみていく、コメディタッチなテイストの第一話。不在配達との戦いを描きつつ、当日配送を禁断のシノギとして、皮肉たっぷりに描く。


一方、第二話以降はコメディ色は消え、不器用な任侠者が生真面目に生き方を押し通す話に。出会う女性たちとのエピソードを描きつつ、かつて自身の抗争相手だった暴力団からの接触もあり、最終話は過去と現在がクロスする話で締める。


第一話のノリがユニークだっただけに、そのシニカルなコメディタッチで全編通してくれたら異色作になったのだが。とはいえ劇画としてこれはこれでよくできた 唐獅子ロマンもの。いまどき任侠を描くとしたらこのように足を洗った設定は必須なのだろう。まぁ面倒な時代ではある。


【データ】
佐藤啓
花松と5人の女
【発行元/発売元】 講談社 (2020/2/21) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→花松と5人の女 (モーニング KC)
極道から足を洗い、配送業に身を投じることになった男・花松。寡黙で不器用な花松は、自らに降りかかる不条理には一切の反抗もせず、黙々と過酷な配送の仕事をこなしていく。だが、哀しき女の涙を見れば、見過ごせないのが男道。時に命を懸けながら「本当に大切なもの」を運ぶ、仁義なき配送が今始まる――。社会問題化する「過酷な配送業界」を舞台に、魂震える5人の女の物語を紡ぎ出す衝撃作!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM