【オススメ】 松浦だるま/いまかこ


いまかこ (イブニングKC)

■【オススメ】いなくなった人たちを思い出にできない人たちの話。

災害で恋人を失った美術予備校の講師。震災で父を亡くした中学生。彼らは、他人には理解されない共通の能力があった。


本ブログでは結局どうレビューしようか悩んでいるうちに「累」を取り上げ損ねてしまったのだが、本作も正直いって難しい。表紙も購買意欲をそそるのか微妙。一巻表記が奥付にはあるが表紙にはなく、シリーズものだが一巻完結なのかどうか、ここで完結だとしたらなかなか思い切った終わらせ方だが…。


人が亡くなった場所が今の景色にかぶって見える場所の幽霊が見える講師。一方の中学生は亡くなった人にまつわる音が聴こえてくる。いずれも、見たくない、聴きたくないのに、情報が勝手に押し寄せる。それをメガネやイヤホンで防御している。見えたり聴こえたりしたところで何ができるというわけでもない、過去が見えたところでどうなるというのか…。寧ろ過去に囚われ、連れ去られてしまうのではないか。


この、過去に縛られる感覚。それを直視し乗り越えることで思い込んでいた過去の縛りが解け、新しい未来が目の前に拓けてくる。そんな話、なのだろうか。


【データ】
松浦だるま
いまかこ
【発行元/発売元】 講談社 (2020/2/21) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ いまかこ (イブニングKC)
「累」松浦だるま最新作! “場所の幽霊”と呼ばれるもう無い風景がみえる男・鶴見也徒。死んだ人の“音の幽霊”がきこえる少女・早淵今。不思議な霊感のようなものを持つ二人の出会いのはてに待つものは救いか、それとも。



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM