【オススメ】 天原、masha/異種族レビュアーズ


異種族レビュアーズ (ドラゴンコミックスエイジ)

■【オススメ】発想も面白いがそれを丁寧に小出しにしていく構成も巧い。

今更ですがご紹介。アニメ化するってところが正気かと思いつつ、そりゃあ地上波の放送は無理だろう…それも含めて炎上と話題目当ての戦略なんだろうけど。


異種族が住む世界の話。そこではサキュパスも存在するということで、世のエロティック産業はそれを理由にすべてセーフとされている。ダイバーシティ、多様性って、こういうことよね。


それを前提に、いろんな種族の者が異種族のその手の店に行き、それぞれの視点で批評するクロスレビューがメインコンテンツという作品。人間は見た目が可愛い相手であればよく、魔力に関しては全くの無知であり気にしない、だが他の魔族にとっては年寄りのエルフは苦手な存在、魔力も若いほうが生命力が良いとして、種族によって視点が全然違うという。じゃあ各種族でどう見ているのかをクロスレビューして可視化しよう、というところから、その記事が話題を呼び、収入にもなり、じゃあ仕事としてやろうじゃないか、という流れになるというお話。


この、なぜクロスレビューが生まれたのか、についての流れが丁寧に記されているところが本作の良いところ。あとはいろんな種族を出していけば良いので普通の人間界の風俗レビューよりもバリエーションは多くて無限。エロな内容だが描写はそこまでエロエロではなく、シチュエーションがエロいだけなのでイイ線をついている。が。アニメ化はしないだろう…絵はよくても音声が引っかかりそう…。


【データ】
原作=天原、作画=masha
異種族レビュアーズ
【発行元/発売元】 KADOKAWA (2017/9/8) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 異種族レビュアーズ (ドラゴンコミックスエイジ)
足しげくムフフなサービスをしてくれるサキュバス嬢のお店に通う人間の冒険者・スタンクは、ある日種族間の(性的な意味での)感性の違いで悪友のエロエルフ・ゼルと衝突する。決着の方法は、嬢のレビュー!?


■当サイトの著者他作品レビュー
天原、クール教信者/平穏世代の韋駄天達

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM