【オススメ】 狩野恵輔/彷牢のハイジ


彷牢のハイジ(1) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス)

■【オススメ】時代劇ものSF。既視感ある設定も組み合わせと主人公の キャラクター設定で読ませる。

江戸時代的な雰囲気の世界。藩主的立場の武家の跡取り息子が主人公。 彼は自由でいたいとして遊び回る奔放な少年だった。


ちなみに本作はただの時代劇というわけではない。 天上に突然島のような国が現れ、そこから人を襲う讐人という怪物が出現 していた。その讐人を倒せるのは、牢人と呼ばれる者たちだけ。 しかしその牢人が讐人を呼び寄せるとも言われており、そのため人々には忌み嫌われていた。だが讐人を倒せるのも牢人だけ。なので国としては讐人を手厚くもてなす よう政令も出していた。


よくできた設定。しかし説明するのが難しい…。さらに、牢人というのは 讐人に触れるとなってしまうもので、つまり襲われたが生き残った者が 牢人になる呪いにかけられるのだった。そして少年は牢人となる、という 巻き込まれ型サスペンスの構図。


ただし本作ではユニークな仕掛けがあり、主人公は自分の意志で牢人となる。 それが牢人の女性に惹かれたから、ということで、女性キャラと恋愛要素を 投入してきたのが強引ながらも上手い手。その後はロードムービー的な話に なっていく。


主人公が牢人のことをほぼ知らず この世界に対して初心者的な立ち位置なのは、読者と同じ目線になるので 悪くない。だが主人公が慕う女性が連れを作りたくないため単独行動を 志向するのですんなりとバディものにはならない。 それでは話が転がしづらいため、メンター的な存在として解説役を投入 していくのも面白い。


よく考えられた作品で一巻の完成度は高いと思うのだが。


【データ】
狩野恵輔
彷牢のハイジ(ほうろうのはいじ)
【発行元/発売元】 小学館 (2020/1/30) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 彷牢のハイジ(1) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス)

こんなに自由な主人公ってあり!? 和風世界の風雲児が、バケモノ共をぶった斬る! 久蕗城家の次代当主・ハイジは、ひょんなことから人々から忌み嫌われる存在「牢人」となりお国を追放されてしまった…! 放浪の旅を余儀なくされたハイジ。謎めいた巨乳美女や口うるさい巫女と共に、バケモノ退治を任されるが…。天下一の傾奇者による、自由と解放の物語が幕を開ける!!


■当サイトの著者他作品レビュー
狩野恵輔/NICO

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM