【オススメ】 桜井のりお/僕の心のヤバイやつ


僕の心のヤバイやつ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

■【オススメ】ヤバイ性癖を持つ少年のように 主人公を設定しつつ、実際は単なる陰キャラブコメ。

学校で「殺人大百科」という本を読む中学生。 僕が今最も殺したい女、として同級生の、 学校一美人で雑誌のモデルもやっている子をあげ、 「僕はとにかくその綺麗な顔が苦痛に歪むのが見たくて たまらないのだ」とする。彼女はきっと「死体になっても美しい  その躰は殺人鬼(ボク)だけのものになるのだ」-


要するに捻れた愛情の話。この話が可愛いのは、 彼のそうした異常さのアピールは導入部のみでエピソードを 重ねるうちにどんどん薄れていくこと。 彼女に向かって異常行動をするでもない。


本好きで一人が好きな彼がよく足を向ける図書室に、 お菓子大好きで隠れて食べたい彼女もよく訪れるという 仕掛けで何となく二人が一緒にいる場面も多く、 彼女自体は彼の存在に慣れている様子もあり。


彼女の字が汚かったり褒められるのが好きでドヤ顔したり、 マイペースな彼女に巻き込まれつつ、、 一巻最後ではようやく気づく。自分は彼女のことが好きなんだと。 そんなラブコメ。まぁ最初の独白で独占欲みたいに 出ている時点でそうなわけだが、心の中のヤバイやつとは その感情であると。それを自覚して認めてしまった続刊は さてどうなっているのだろう。続刊2巻発売済→ 僕の心のヤバイやつ(2) (少年チャンピオン・コミックス)


【データ】
桜井のりお
僕の心のヤバイやつ
【発行元/発売元】 秋田書店 (2018/12/7) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 僕の心のヤバイやつ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
学園カースト頂点の美少女・山田杏奈の殺害を妄想してはほくそ笑む、重度の中二病の陰キャ・市川京太郎。だが山田を観察する内に、京太郎が思う「底辺を見下す陽キャ」とは全然違うことに徐々に気づいていき…!? 陰キャ男子・京太郎の初めて恋、始まる。陽キャ美少女×陰キャ少年のニヤニヤ系青春格差ラブコメディ!!


■当サイトの著者他作品レビュー
桜井のりお/みつどもえ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM