【オススメ】 保谷伸/まくむすび


まくむすび 1 (ヤングジャンプコミックス)

■【オススメ】漫画を描くのが好きだった子が 高校で演劇部に入部する。

ここからしばらくはレビュー漏れシリーズとなります。 まずは高校演劇部もののこの作品から。


高校に入ったのを機に、ずっと一人で描いてきた漫画を辞めようと 決意した主人公。なのに通学カバンの中に創作ノートが。しかも 処分しようとしたそのノートの中身と同じ内容が、演劇部の新歓 イベントの演目になっていたのだった。


友人によくわからないと言われて以降、描いた漫画を見せるのが 怖くなっていた主人公。実際は、「顔ゴマばかりで状況がわからないし」 というのが理由なのだろうが、そうした客観視された意見を得られず、 それ故成熟しなかった彼女の作品は、しかし、「漫画としてはとても読めたものじゃないが」「素晴らしい戯曲だった」と。脚本を書くこと、 そしてそれが演じられることに興奮を感じた主人公は演劇部に入ることになる。


演劇部にはクセのある人物がおり、彼女が的確につっこむそのおかげで話がスムーズに回る。まぁずるい手ではある。この演劇部は昨年なにかあったらしくてそのため部員が激減、ただしその何かはまだ明らかにされず。なお過去には入賞もしていたらしくトロフィーもあるのだが、顧問も離れ今はやる気も理解もない教師が担当でついている状態。今後展開に利用できる材料は色々。


一方、演劇ものは別に珍しくもない。その中で、主人公が演劇によって物語作りに 目覚めのめり込んでいくという作りは、演じる方ではなく作る方に注目している点で ユニーク。創作演劇をする部活、という設定なのでそれが活きる形になっている。


【データ】
保谷伸
まくむすび
【発行元/発売元】 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ まくむすび 1 (ヤングジャンプコミックス)
「高校演劇」との出会いが、すべてを変えた―― 仙台星見高校に入学した土暮咲良には、誰にも言えない創作活動への秘めた熱意があった。ある“きっかけ”で創作を諦めかけていた彼女だったが、「高校演劇」や仲間との出会いによって、彼女の日常は“劇的”に変化していくことに―― いま、誰もが輝く青春群像劇の幕が上がる!


■当サイトの著者他作品レビュー
保谷伸/キミにともだちができるまで。

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM