【オススメ】 堂本裕貴/ネクロマンス


ネクロマンス(1) (講談社コミックス)

■【オススメ】勇者は魔王と相討ちになり死んだ。だが愛の力だかで生き返る。ただし、ゾンビとして。

魔王が降臨した世界。神は封印される直前にその力を人間に与え、与えられた者は英雄として魔王と戦った。ただし相討ちの結果、勇者は死んでしまうことに。しかし葬儀のさなか、幼馴染の大聖女の愛の力か、英雄は生き返る。しかしその大聖女と結ばれようとすると、彼の身体は聖的なものを受け入れなくなっていた。彼はアンデッドになっていたのだった。


聖属性の力でダメージを受けるので、聖女である幼馴染とは結婚を誓うも触れられない。回復魔法も受けられない。それはどうやら倒したはずの魔王の呪い。つまり魔王もまだこの世界で生きているということ。そこで、愛する者との夫婦生活のため、魔王を倒す旅に出ることに。


触りたいけど触れないラブコメディという、一捻りしたファンタジー。他の魔物たちとも合流しつつの珍道中ロードムービー。可愛らしさもあり、いいところをついている。


【データ】
堂本裕貴
ネクロマンス
【発行元/発売元】 講談社 (2019/11/15) ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ネクロマンス(1) (講談社コミックス)
魔王を打ち破った勇者シブキは、魔王の呪いでアンデッドになってしまった! 愛する聖女サフィに触れる事すらできなくなった失意のさなか、倒したはずの魔王も生きている事が明らかに。シブキ一行は世界平和のため、そして呪いを解除して再びサフィに触れるため、魔王を探す二度目の旅に出る――!! 主人公が死んで始まる愛と勇気の冒険譚、堂々開幕!!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM