KENT/カラーレス


カラーレス(1) (ボーダーコミックス)

■退化してしまった未来を舞台にしたデストピアもの。

未来の話。電磁波により人間の風態は祖先病というもので恐竜のような形に、そして世界から色がなくなり、技術の類も失った。


その世界で、色を取り戻すために研究を続ける人物が主人公。他方に「教団」と呼ばれる色を独占しようとする強大な組織があった。


そんな中、主人公が行きつけの喫茶店でアルバイトしていた少女が、教団に誘拐される。依頼を受け彼女を救い出した主人公だが、彼女が実は祖先病に罹患していない、この時代には教科書でしかお目にかかれない風態の持ち主だった。


研究所の所在もわかりつつ主人公を生かし続ける教団の適当さが話の肝になっている点がご都合主義だが、舞台設定など全体設計はスタイリッシュ。色に関する話は意味がよくわからないが、モノクロ基本の漫画上では生きるギミックではある。


【データ】
KENT
カラーレス
【発行元/発売元】 リイド社 (2019/10/19) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ カラーレス(1) (ボーダーコミックス)
『シドニアの騎士』『人形の国』弐瓶勉先生、絶賛!! 「心配になるぐらい人間が出てきませんが大好きです。」
灰色の地球、異形化が進んだ人類――。 失われた世界を取り戻す異形ガンアクション、開幕!!
極大太陽フレアの影響で色素を失った地球。 異形化し、衰退の一途をたどる人類。 かつての世界を取り戻す鍵は「色」に秘められた力と一人の「少女」。
世界に僅かに残された「色」の残滓に巨大な力が宿っていることを知り研究を進めるアヴィディアは、 少女・智慧を守りながら「色」の力を使い勢力を拡大する「教団」との戦いに身を投じることとなる。
〈著者〉KENT 本作が連載デビューとなる超大型新人。 フィギュアやスタチューの制作において、ビジュアルイメージを視覚化するコンセプトアーティストでもある。


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM