石ノ森章太郎、MEIMU/イナズマンvsキカイダー

イナズマンVSキカイダー高校2年の男子が急速に超能力に目覚める。OLの姉はその能力を知り、自身もまた力がある。そんな超能力を持つ者が旧人類との軋轢から人類一掃を狙うのが新人類帝国、主人公は類稀な能力ゆえに狙われる。そこに、旧人類を守るために戦った人造人間が、心を持つゆえに新人類側に操られ主人公と戦うハメに。

何となく普通に読んでしまうが、よく考えると、この世界観、わからないよな。異形対異形という話になってきていて、ふつうの人間の立場がない。ので、醒めてしまうと、なんだかなぁという気がする。そこを思いっきり引きずりこむだけのセンスはないかなぁ。

うーん。石森作品を読み返すほうが楽しそうだ。

石ノ森章太郎
MEIMU
イナズマンVSキカイダー (1) 単行本コミックス―KADOKAWA COMICS特撮A

掲載=特撮エース1〜5号
「イナズマン」放映データ=1973年10月2日〜1974年3月26日
「キカイダー」放映データ=1972年7月8日〜1973年5月5日
「イナズマン(ギターを持った少年)」週刊少年サンデー1974年16〜17号掲載

角川書店
KADOKAWA COMICS 特撮 A
2005年3月1日 初版発行
定価=580円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM