【オススメ】 原秀則/しょうもない僕らの恋愛論


しょうもない僕らの恋愛論 (1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】 「さよなら三角」や「冬物語」を読んでいた世代に ドンピシャにハマる優柔不断な大人な話。 …いや、読んでいた世代にとっては主人公の年齢はちょいと下になるような気はするが…

主人公は40代、キャリア二十年のデザイナー。 フェイスブックの友達リクエストに大学時代同級生だった 女性が申請してきた。その翌日、友人から その彼女が死んだと聞かされる。


爽やかかつ優柔不断な優しさで包まれた話。 彼女の葬儀の際に娘と出会い、その娘は 母が昔好きだったという人に興味を持ったのか 彼に会いに来るようになる。…このあたりは いい年したおっさんの夢のような話になるが… なにせ彼が出会った頃の彼女を彷彿とさせる存在なわけで、 青春よもう一度的な部分がある。


とはいえ中年男にはこの段階では別に下心も何もない、 というのが著者の作品らしいところ。 亡くなった彼女との別れは、急に父が倒れて 家業を手伝う必要があり家計の問題もあって 大学からも東京からも離れたことが原因、と。 …その割に大学時代の友人と連絡取り合う中に 戻っているところがご都合主義な感じもするが、 その後東京に戻り、かつ彼女は結婚したと聞いた、 となれば彼女とだけは連絡する関係に戻らなかった のも普通か…。


さらに。さかのぼって高校時代の同級生との 交友関係も続いている様子。彼のことが今でも 好きな女性とは飲み友達。…うん、著者の作品らしい…。 一方で主人公は結婚歴があるような描写もあり。


そんな状況で、主人公自身は会社では後輩を育て 仕事を譲るようにも言われ、取引先ではずっと 手掛けてきた作者の装丁もどうやら別の人のところへ 依頼があったようで、自分はもう古くなっているのか、 と思いはじめてもいる。と、公私ともに中年クライシス状態。


話としては、亡くなった彼女の娘が、あなたの娘です、 と彼のところへ行くのならわかりやすいのだが、 そうでないのでちと話として良くわからない部分がある。 年齢的に辻褄があわない設定なのでそういう話では絶対ないから、 思春期の少女の女心ゆえの行動なのだろうが、 わかるような、わからないような…でも父親の姿が今の所見えてこないので、 だからなのかな、とも思う。話は基本的に主人公の側にあるが、 鍵を握るのはこの少女であり彼女がトリックスターであるはずなので、 その子が今後どんな行動に出てどう納得させてくれるのか、 を見届けたい。


【データ】
原秀則
しょうもない僕らの恋愛論
【発行元/発売元】 小学館 (2019/7/30) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ しょうもない僕らの恋愛論 (1) (ビッグコミックス)

恋愛漫画の名手、待望の新作!! デザイン会社に勤める拓郎の元に、ある日フェイスブックの友達申請が。それは、二十年前、彼が好きだった女性、安奈からのものだった。 だが翌朝、安奈の死の知らせが…現実を受け入れられないまま葬儀に出席し拓郎は、安奈の娘、くるみから声をかけられる。 そして三か月後、突然くるみが拓郎の家を訪ねてきて…!? 過ぎ去った過去の後悔やこの先の人生に悩む40代の主人 公・拓郎と、そんな彼を想い続ける同級生・絵里、 そして拓郎に興味を示す女子高生・くるみたちが織りなすラブストーリー!!


■当サイトの著者他作品レビュー
三冬恋、原秀則/桜桃小町
【オススメ】 原秀則、風巻龍平/ハートボール
【オススメ】 原秀則/冬はなび
原秀則/王様のホームタウン
【オススメ】 原秀則/駅恋
原秀則/ほしのふるまち
原秀則/電車男

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM