【オススメ】 クロマツテツロウ/ドラフトキング


ドラフトキング 1 (ヤングジャンプコミックス)

■【オススメ】他と違う癖のある、でもその眼力ゆえに 一目置かれているスカウトマンのお話。面白い。

主人公はプロ野球のスカウトマン。しかしドラフト候補生に、 うちの球団も指名するかもしれないがお前はプロでは通用しないので 行くな、と忠告するような人物。そしてその候補生は プロ入りしたが通用せず5年で引退することになるのだった。


その候補生だった人物もスカウト部に入りつつ、 勝手な動きをする主人公に右往左往しながらバディもの的に 展開していくプロ野球裏方話。


皆が注目する選手をドラフト で指名してもしょうがない。狙うのは新人賞を獲る選手ではない。 ドラフト下位からでも下剋上し、数年後に、あの年のドラフトで 一番活躍しているのはこの選手だ、というドラフトキングを獲るのが 目的だ、というスカウト部長の発言が本作のすべて。


野球選手には、野球が好きで好きでしょうがない、という人が向いている、 というのは確かにそうかもしれない。何かのバランスが崩れたときに、 それでも自分を信じて続けられるのは、それが好きでないと難しい。 たぶんに個人の力量で行う範囲の広い仕事ほど、そういうことに なるのだろう。ちなみに自分の裁量だけでどうにかなるわけではない仕事は 好き嫌いの強度はあまり関係ない気がする。


主人公の好物が「黒松」のどら焼きだということなので、 十条在住者としては評価高めにしました(うそです。) 後半の話は、社会人野球の選手のプロ入りの道を スカウトマンが閉ざしたという一方で実はその選手とスカウトマンは 仲良く交流しているという内容で、その真相は巻またぎという構成。 続刊が気になるが、実は2巻同時発売。続刊をすぐ買いました。


【データ】
クロマツテツロウ
ドラフトキング
【発行元/発売元】 集英社 (2019/8/19) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ ドラフトキング 1 (ヤングジャンプコミックス)
全てのプロ野球選手が通るプロ野球の入り口、ドラフト。その陰には、高校野球、大学野球、社会人野球、独立リーグ…全ての野球選手の中から隠れた才能を見出し、プロへと送り込むスカウトマン達の活躍がある!! 並外れた眼力を持つスカウトマン郷原が見出した選手とは…!? その年のNo.1選手、ドラフトキングの獲得を目指すプロ野球スカウト譚開幕!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 クロマツテツロウ、次恒一/ヤキュガミ
【オススメ】 クロマツテツロウ/野球部に花束を 〜Knockin' On YAKYUBU's Door〜

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM