【オススメ】 冨士宏/迷廊館のチャナ


迷廊館のチャナ 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)

■【オススメ】 探検家志向の少女は、物置で見つけた鍵から 異世界に足を踏み出す。倫理観から違う社会に 繰り出すファンタジー。

ヒロインは11歳の少女。いつか探検家になりこの世界に残された謎を 解明したい、という高尚な夢を持っている。そんな彼女が、 物置で見慣れぬ鍵を見つけた。近所にある廃墟にひとつ残された壁、 そこにある扉の鍵がそれではないか、と睨んだ彼女は、早々に試して見る。 するとたしかに鍵は回った。扉があき、向こう側へと出る…かと思いきや、 その奥には別の空間が広がっていた。


30年前の作品のセルフリメイク。ヒロインが鍵を開けて 入り込んだのは、大きな家の中。その中は大きく広がり、 ひとつの世界、社会が構成されていた。そこで出会った、 中のことならなんでも知っている人物に案内されながら 彼女は内部を冒険する。


今のところヒロインの思想は、別の未知な世界に入りこんだ、このことを 友人に知らせたい、知らしめたい、というレベルで、 探検家がどうこうといった段階ではない。まぁいずれ成長するのだろう。 持っていったカメラを取り返したい、という話に終始する のは正直退屈ではある。


一方、彼女が入り込んだ別世界は徹底的な階級社会で、 その歪みを目にするたびに彼女は違和感を覚えていく。 ただそれもその社会で生きていない異邦人のお気楽な視点なのかも しれないが…。正しいあるべき形を指摘するのはそう難しくないが、 そのあるべき形にフィットさせられるかというと難しいのが現実 というものではあり。


30年前に描き始め、完結できなかった作品を 改めて手掛けるからには相応の思いと覚悟があるのだろう。 じっくり読ませてもらいます。なので出版社は相応の 責任を負っていただけると幸い。


【データ】
冨士宏
迷廊館のチャナ
【発行元/発売元】 マッグガーデン (2019/8/10) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 迷廊館のチャナ 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
時を超え、伝説の世界が今蘇る! 伝説的ファンタジーコミックが、四半世紀の時を超えてリブート大復活!全てが館の中にある「迷廊世界」で、探検家を夢見る少女・チャナと迷廊世界の住人・オルオルの冒険が始まる…!


■当サイトの著者他作品レビュー
冨士宏/ワルキューレの栄光
冨士宏/ワルキューレの降誕

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM