リチャード・ウー、コウノコウジ/警部補ダイマジン


警部補ダイマジン (1) (ニチブンコミックス)

■酸いも甘いも噛み分けた警察ピカレスクもの。 面白いことは面白いが、この話に出口はあるのだろうか…。

連れ去られた少女が無事に見つかった、 という報道で盛り上がる若い母親たち。 三十年以上捕まっていない幼女連続誘拐殺人犯の 仕業ではないかとネットでは噂になっているという。 そして助かった少女が証言した人相の男が、 母親たちの目の前を通っていった。


その男が有名なセキュリティ会社の社長を ホテルで殺害する。しかも自殺に偽装。 そして本人は、後に呼び出され知らぬ顔で現場に向かう。 彼は捜査一課のエースなのだった。


しかし何食わぬ顔して自殺として捜査を進める彼に、 茶々を入れる人物が。彼は特命捜査対策班の管理官。 未解決専門事件の対策室であるという。その生みの親が、 セキュリティ会社の社長、元警視監なのだと。


そんな前振りのもと、ふたりは元警視監の別荘へと向かう。 元警視監の社長こそが幼女連続誘拐殺人犯であるということ を捜査一課の刑事は匂わせるが、そのことと、 自殺に見せかけて殺したのが刑事であることを、管理官は知っていた。


警察組織の中での目くらましである特命捜査対策班を 逆用して、適切に排除しようとする管理官は、 刑事のやったことを知った上で、自分の元でコマとして働くことを要請する。毒をもって毒を制すたぐいのお話。 それが表向きは飄々と描かれているところが面白い。 とはいえ管理官は解き明かしたい自身の過去があり、 そこに囚われている様子ではあるが。


彼らを狙う者もあり、そことのやりとりもコンゲームのような 丁々発止。騙し合いの様相なのは面白い。相手を根こそぎ撃滅 しはしないが、落とし前はつける。…これ、一昔前だと裏社会の話 かな…。それと。この手の話は、最終出口が見えない。巨悪と戦う話?でもそれ身内になるわけだよね?適当に手打ちしてくの? 管理官の物語は方向性が見えなくはないが、タイトルロールの 主人公に関しては特に何も見えてこない。いずれ何かエピソードが 突っ込まれるんですかね…。


【データ】
作=リチャード・ウー、画=コウノコウジ
警部補ダイマジン
【発行元/発売元】 日本文芸社 (2019/6/28) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 警部補ダイマジン (1) (ニチブンコミックス)

警視庁にはダイマジンが鎮座まします! 誰もが一瞥する身の丈を持ち、 素早く現場に駆けつけ、 豪腕を振りかざす熱血漢! 捜査一課のエース・台場陣!! しかしこの男には、暗い暗い秘密があった!? そんな彼に近づく若き管理官・平安才門!! この上なく性格が悪く、 他人を信じず、己が知恵で人を欺く! 正反対の二人が絡み合い、対立し、巨悪に挑む! 「クロコーチ」のコンビが放つ前代未聞のピカレスクサスペンス出現!!


■当サイトの著者他作品レビュー
コウノコウジ/ゲバルト
コウノコウジ/肉の唄
リチャード・ウー、芳崎せいむ /アブラカタブラ〜猟奇犯罪特捜室〜
リチャード・ウー、すぎむらしんいち/ディアスポリス

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM