【オススメ】 和田隆志/ヴィーヴル洋裁店 〜キヌヨとハリエット〜


ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~ (1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】ファンタジー世界のオートクチュール屋の話。設定は絶品。ただ、物語の構成が凡庸なのは勿体ない。

魔法のある世界。魔法学園の服飾科でオートクチュール専攻に通う少女が主人公。彼女の腕はクラスメイトからも一目置かれていた。彼女の祖母は元魔法王室御用達、特別な一品ものを丁寧に作る店を経営していた。その店を継ぎたいのが本心、なのだけれど、時代はファストファッションの時代、今季は今季、来季は来季。フルオーダーの一点ものは時代遅れと言われる世の中。そこに、亡くなった祖母の店を閉めるとの連絡が母から入るのだった。


フルオーダーの品物を作る店のお話。少女はなし崩しに祖母の店を継ぐことになる。洋服や靴でありそうな話。ただこの手の設定は割とファンタジー寄りになりがちで、少なくとも現代日本を舞台にする話は少なめ。本作は更に割り切り、魔法世界の話に設定している。そのおかげで、登場人物は一般的な人間だけではなく、素材も魔物の革など。「ダンジョン飯」のノリで、これが微に入り細に入り架空の素材の入手の仕方から仕上げ方まで丁寧で楽しい。


一方で、オーダー服が軽んじられる時代という設定が安易である上に、元々祖母の店で働きつつ方向性の違いから独立を促され、今は既製服で名を馳せている人物が、ヒロインの邪魔をしようとしてくる、という物語になってしまっており、この凡庸な対立構造が極めて残念。話のスケール感が縮んでしまった。勿体ない。


【データ】
和田隆志
ヴィーヴル洋裁店 〜キヌヨとハリエット〜
【発行元/発売元】 小学館 (2019/6/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~ (1) (ビッグコミックス)
幻を縫う!異世界オートクチュール繁盛記! ドラゴン革のレザージャケットは、いかがですか? 魔法王国ロイヤルワラント通りにそびえ立つ、洋裁店「クチュリエール シガラキ」。 ここのお店のモットーは、「一生着られるお気に入り」をお客さまにお届けすること。 そのためならば、「ヴィヴール」と呼ばれる幻の獣たち、ドラゴンだって、人魚だって、ユニコーンだってなんでもござれ! 魔法王国中で愛されている洋裁店の跡取り娘・キヌヨと相棒のハリエットが紡ぐオートクチュール繁盛記!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM