夏海ちょりすけ/瞳ちゃんは人見知り


瞳ちゃんは人見知り【電子特別版】 1 (チャンピオンREDコミックス)

■背が高く吊目三白眼だが根は怖くない女の子の話。

通学電車で出会った子は転校初日、学校への道がわからない ということで声をかけてきた。 背も高く目力が強いので怖い子かなと思っていたが、 楽しそうな彼女は、年下の後輩。家もお向かいで、 一緒に通学するようになるのだった。


背が高くてグラマラス、吊目で目力強めだがそれは 緊張しているせい、ほっとしたときの表情は可愛いが 本人に自覚なく。そんな少女の生態を愛でる系の漫画。


よくあるタイプだが、出会わせる相手を、上級生の 男子としたところはアイディア。 二人を電車の中で会わせて、登下校を一緒にさせつつ、 クラスは当然別々なので適度に距離感あり。 学校での様子は、上級生の妹を同級生としたことで解決。 少しづつ登場人物を増やし絡めていく展開は上手。


かわいい青春コメディとして、ゆるゆると進めていただければ 何より。


【データ】
夏海ちょりすけ
瞳ちゃんは人見知り
【発行元/発売元】 秋田書店 (2019/5/20) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 瞳ちゃんは人見知り【電子特別版】 1 (チャンピオンREDコミックス)
高校2年生の宇佐見君がある日出会ったのは、“目つきが悪くて、いろいろとおっきな後輩の女の子”の瞳ちゃん。迫力のある見た目とは裏腹に、照れ屋で純粋で笑顔のかわいい彼女のことがだんだんと気になってきて…。 ※こちらは巻末に電子版のみの特典ペーパーがついている特別版となります。



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM