【オススメ】 オノ・ナツメ/レディ&オールドマン


レディ&オールドマン 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

■【オススメ】 タイムスリップものの亜種。現代を知らない男「オールドマン」と、その面倒を見る「レディ」のバディもの。

刑務所から刑期を終えて出てきた男。彼を、ダイナーの娘である少女が見かけ、父親譲りの面倒見の良さゆえ連れてくる。長い刑期を終えた、という彼はホームレス同然の髪や髭を剃ってみると、現れたのは青年のような若々しい姿だった。


100年の刑期だったという彼。やけどして水ぶくれができていたはずの手も、指輪で傷ついた顔も、すぐに治る。そんな、不老不死の体質を持った男の話。100年ぶりのシャバなので、話はそちらがメインとなり、タイムスリップしてきた人のように見える。


ダイナーを営む少女の父親は昔運び屋をしており、昔の知り合いが久々に依頼を持ってくる。その依頼を、少女は不老不死の男とともに受ける。通り名として名付けたのが、「レディ」&「オールドマン」。二人はバディを組み、バイクにサイドカーで旅に出るのだった。


運び屋として巻き込まれるエピソードを中心に、バディもの、ロードものとして展開しつつ、オールドマンには双子の弟がいた、ということで、その弟を探す旅が最終目的に据えられる。その目的が、オールドマン自体がなぜ不老不死となったのか、なぜ刑務所に入ることになったのか、にも繋がっているところが実に上手い。


2016年刊行作品。順調に巻を重ねているが気がつけばレビューしていなかったので今更ながら。 →レディ&オールドマン 7 (ヤングジャンプコミックス)


【データ】
オノ・ナツメ
レディ&オールドマン
【発行元/発売元】 集英社 (2016/6/17) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ レディ&オールドマン 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

1963年、ロサンゼルス郊外。好奇心旺盛なダイナーの娘・シェリーは、ある日、100年の刑を終えて出所したという老人と出会う。旧収容棟の「最後の住人」と噂される彼の正体とは……。 時に事件に巻き込まれ、時に事件を解決しながら、街から街へと渡り歩く二人組──彼らの通り名は“レディ&オールドマン”!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM