2019-05-20_コミック新刊

●2019年05月20日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 秋田書店 チャンピオンREDコミックス 瞳ちゃんは人見知り(1) (チャンピオンREDコミックス) 夏海ちょりすけ

アルファポリス発行/星雲社発売 アルファポリスCOMICS ありふれたチョコレート 1 (アルファポリスCOMICS) 七里慧

☆(電子版同発同額) 竹書房 バンブーコミックス 人間牧場 (1) (バンブーコミックス) 柑橘ゆすら/さおとめあげは

☆(電子版同発同額) 白泉社 花とゆめコミックス かぐや姫のかくしごと 1 (花とゆめコミックス) 楠木薫

東京天然温泉 「​湯会」@古代の湯 2019年5月18日 に行ってきたのですが、3階フロアーには漫画が常備されていて、 「 約束のネバーランド 」があり、そういえば続刊読んでないなと思い出した。
・ 孤児院かと思っていたら、そこは鬼の住む世界、そこを出るのは食肉として出荷されるときだった、という ディストピア話。その施設の外に世界はあるのかないのか、 という話から集団脱走するまでが序盤。
・その後は、 世界が鬼と人が戦う世界から鬼の世界と人の世界とに 二分されそれぞれでは平和が保たれる一方、 鬼の世界に残された人にとっては食用肉として 生きるほかなかったという、肉食否定主義者に見せたら すごい同意してくるのではという話になっていた。 だいぶ前から読んでなかったな…。
・ 本作がすごいのは、食用児として育てられた主人公に 3つの選択肢が提示されている点。 1つめは、人の世界に紛れ込むこと。2つめは、 人と鬼とで交わされた約束を反故にすること。 それ以外の3つめの選択肢があり、主人公としては それを目指していること。ルールを守るか、 ルールの穴を見つけるか、ルールを壊すか、新しいルールを作るか。 ゲーム・チェンジの話になっているのは見事。とはいえ、 そこに向けて登場人物は着実に死んでいくのだが…。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM