メノタ/奥さまはドードー鳥


奥さまはドードー鳥 (クロフネコミックス)

■題名どおり、ドードー鳥と結婚した 旦那さんの話。ワンアイディアの出落ち設定だが、 そのナンセンスな設定を掘り下げたところに可愛らしさがある。 とことんやると活路が生まれる好例。

人と鳥が併存する世界の話。鳥は普通に言葉を話す。 互いをパートナーに選べ、街は大きな森のなかにある時代。 天使が伴侶という人もいる。主人公も、奥さんは ドードー鳥であるという。…絶滅種では…。


プリンも食うしチキンも食う、と。食事も作ってくれる。 いや、どうやって?みたいなこともあるのだが、 そこはそれとして。話を先に展開したエピソードもあるが、 寧ろ本作の面白さは過去にさかのぼって描くものにある。


人と鳥が結婚して仲良く暮らしているエピソード、 というのは出落ち感漂うだけに、 過去に戻ってふたりの出会いの場面を描く話は なるほどという納得感があった。 無茶な内容ほど、掘り下げたほうが面白みが出る。


可愛らしい一品。2017年作品ですが著者の新作( 果ての星通信 ) が 面白かったのであわせてご紹介。


【データ】
メノタ
奥さまはドードー鳥
【発行元/発売元】 リブレ (2017/3/23) ※電子版で購入
■評価→ C(標準)
■購入:
amazon→ 奥さまはドードー鳥 (クロフネコミックス)
私・高橋夏彦の奥さんは、ドードー鳥。そんな妻・ももねちゃん(19才)との毎日を描いたほっこり系ラブコメディ。Twitter&pixivでファン続出のももねちゃんが大量描き下ろしを加えてコミックスに! この物語は、人間と鳥が普通にカップルになれちゃうちょっと不思議な世界の、ごく普通の新婚さんのお話です。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 メノタ/果ての星通信

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM