【オススメ】 近藤笑真/あーとかうーしか言えない


あーとかうーしか言えない (1) (裏少年サンデーコミックス)

■【オススメ】 業界内輪ものだが成人誌舞台を一般誌で掲載はユニーク。 作家の設定など作り込みすぎかもしれないが、 要素が多いことは悪いことではない。 読み応えのある一作。

漫画が好きだった女の子は長じて編集者となった。 ただし成人漫画誌の編集部員として。成人誌を嫌いではないが、 キャラクターが好きな身には、読み切り主体の 成人漫画はどう自分の好きを伸ばすべきか悩んでもいた。 そんな彼女が一人編集部にいるときに持ち込みの電話が。 電話口でうまく喋れない女の子が携えてきた作品は、良い作品だった。


漫画業界を描く作品、なかでも本作は成人雑誌が舞台であるのはユニーク。そこに、編集者の成長譚、加えて才能ある新人作家の 成長も掛け合わせる、というかなり贅沢な仕掛けの一作。 設定が渋滞している感もなくはないが、要素が盛りだくさんなのは 悪いことではない。


編集者自身が天涯孤独の身であったというさらっと冒頭にかかれていた設定、また上京してきた新人作家の身の上、言葉にするまで時間がかかるという設定も含めて、背景が結構重い。そのうえで、重々しいものとしてではなく、明るく軽いタッチの話として展開しているのは素晴らしい。


【データ】
近藤笑真
あーとかうーしか言えない
【発行元/発売元】 小学館 (2019/4/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ あーとかうーしか言えない (1) (裏少年サンデーコミックス)
話すの苦手。言うこと聞かない。でも天才!
漫画雑誌で編集者をしているタナカカツミは、持ち込みにきた少女・戸田セーコの担当につく。 あまり言葉を発さない戸田とのコミュニケーションに苦しむタナカだったが、戸田の漫画の才能に多くの人が惹き込まれていく!!!
1人の天才が漫画業界に殴り込む!!! ここが漫画の現場最前線!!!!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM