【オススメ】 野村宗弘/ぴっかり職業訓練中


ぴっかり職業訓練中 (1) (ニチブンコミックス)

■【オススメ】「 とろける鉄工所 」の著者による溶接職業訓練もの。

公的職業訓練・ハロートレーニング、ポリテクセンターを 舞台にした題名通りの職業訓練もの漫画。


著者の経験も踏まえ、 職業訓練校の溶接科を中心に話は描かれる。 やはり専門的な知識があり他の人が真似できない領域 で勝負するのは重要。著者の溶接鉄工ものは鉄板である。


主人公は著者を投影しているのか、漫画家を 目指していたが連載にいたらず、就職を目指すが28歳まで バイト経験しかないため、ハローワークで職業訓練校 で資格を得ることを勧められる。回り道に思えたが、 お金を貰いながら腕も磨ける訓練校で、年齢はバラバラも 気のいい仲間たちとともに過ごす日々を描く。


日々訓練していくことで上達していき、 そして最終的には資格となり就職につながる、 というのは生きている実感があることだろう。 本作でなるほどと思ったのは 「職人という言葉のハードルが高くなりすぎたからか 職人を目指す人も減ってるみたい」ということと、 それに対して「ほんまに入り口は低いハードルなんよ…」 というつぶやき。そんな状況であれば、 ある一定レベルの職人は重宝されるだろう。 そして、「職人ってもんは誰でもなれるんよ」というのは そのとおりなのだろう。


石の上にも3年、というが、それなりのプロになるには 1万時間が必要という。一日10時間で日々欠かさずで 1,000日なので3年足らず、9時間なら3年ちょっと。 要するにそれだけの時間同じことを続ければ、ひとかどの 存在にはなれるということなのだろう。ちなみに一日8時間で週休2日の年260日だとおよそ5年はかかる計算なので 現実的にはこちらだろうか。なので同じ仕事で5年は やってないと一人前にはならないという話ではあるのかもしれない。 職業訓練校は半年なのでほんの入口、それでも その後の1万時間に向けての良い助走となる可能性は高いのかも。


【データ】
野村宗弘
ぴっかり職業訓練中
【発行元/発売元】 日本文芸社 (2019/4/19) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ぴっかり職業訓練中 (1) (ニチブンコミックス)
失業中のあなたに贈る、世にも珍しい職業訓練校を舞台にしたコミックスが登場!! 通ったことのある人もない人も必読!! 通えば楽しい職業訓練校の内情をリアルに描く、悲喜こもごも、笑ってちょっと泣けるかもしれない職業訓練校物語!! 今、職業訓練校は一昔前とは変わってきています。ハロートレーニングと名前を変えて親しみやすくなっているって知ってましたか? そんな変わりゆく職業訓練校のこともよく分かる、失業者もそうでない人も必読のコミックス第1巻、ただいま発売です!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 野村宗弘/秋月あきひろのポジション
【オススメ】 野村宗弘/満月エンドロール
【オススメ】 野村宗弘/一畳間の純チャン
【オススメ】 野村宗弘/うきわ
【オススメ】 野村宗弘/そう言やのカナ
【オススメ】 野村宗弘/ものものじま
【オススメ】 野村宗弘/とろける鉄工所

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM