村田椰融/妻、小学生になる。


妻、小学生になる。 1巻 (芳文社コミックス)

■記憶を持ったまま転生した小学生が、 元妻、元母として夫と娘の前に現れる。

男やもめの中年の家、同居の二十代の娘は在宅ワーク、 父の買ってきたコンビニ弁当をふたりで食べる生活。 そこに玄関のチャイムを鳴らして訪れたのは 見知らぬ小学生の女の子。しかし彼女は「ただいま」と言った。


彼女は、亡くなった男の妻、娘の母、の生まれ変わり。 前世の記憶が戻ったのだという。 生活が気になりいろいろ助言しにきたが、 本当は見ることができたかったはずの姿を見ることができて 嬉しい、と。そうして彼女はちょくちょく、元家族のもとを訪れることになる。


そうした転生ものであり疑似家族ものでもあるコメディ。 元夫はすんなり受け入れてしまうところが凄い。何者だこの人…。 娘も就職活動を始め、夫も職場での態度が明るくなるなど、 家族環境は改善。夫も娘も飲み込みが早い分、展開は早いが、 その分この後どうするの感は漂う。


夫は会社で若い女子に興味を持たれており、その延長線で 元妻との関係も疑われる。そこは元妻が機転をきかすが、 社会的に危うい状況であることに変わりはない。 が、話はそこから元妻の現在の状況、小学生としての生活に 話がシフト、学校での風景から、現在の家庭に 焦点が当たったところで巻またぎ。 なるほど、現実的な問題にフォーカスしていくのか、 と感心した。とはいえこの設定は出口がない、というか 着地が限られる。ある種出落ちな話なわけだが、 正直、この後どうするんだろう。


【データ】
村田椰融
妻、小学生になる。
【発行元/発売元】 芳文社 (2019/4/16) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ 妻、小学生になる。 1巻 (芳文社コミックス)
10年前、妻を亡くした新島圭介はずっと失意の中にいた。だがある朝、小学生の女の子が、自分は他界した妻だと言ってやってくる。こうして、小学生の姿をした妻との人生が再び動き始めた!最強の愛妻家と小学生妻(中身はアラフォー)の究極の純愛!!描き下ろしマンガ「在りし日の貴恵と圭介」を収録!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM