佐久間力/壁ドン!


壁ドン!(1) (ビッグコミックス)

■痩せていることがコンプレックスな少年が ボルダリングに出会う。

痩せたいと思う人が多くいるなか、 太りたいという思いは嫌味に聞こえる。 しかし少年は痩せていることが苦悩で太りたいと思っていた。 そんな彼が、入学した学校で出会ったのが、ボルダリングだった。


痩せているほうが自重がない分、スポーツクライミングには 向いている、という話。ただそれだけではなく、壁にぶつかると いつも別の道を探していたことから、そうした自分から抜け出し、 自分自身を超えていきたいという思いとクライミングが 主人公に合致した面が大きい。加えて彼はもともと 先を読むシミュレーションに長けていた。オブザベーション ができる才能。それはスポーツをするには必要な能力だが、 今まで生かされる環境の中にいなかった不幸が彼にはあった。 かくして、彼の秘められていた才能が発掘される。


底辺だったのに腐らず努力をはじめ、 他の有望選手に引っ張られ、遅いスタートながら めきめき成長していく、というスタイルは スポーツ漫画として王道。 競技的にヒロインも用意しやすく、実際現実でも 女子選手は大活躍中。山岳部がトラブルあって廃部していた、 という経緯も割とリアルな世界に近い話。 ライバル学校も用意して、一巻の仕上がりはなかなかだが、 周囲の設定がオーソドックスな分、 この先おもしろい話に組み立てるのは少々難しそうな気もする。


【データ】
佐久間力
壁ドン!
【発行元/発売元】小学館 (2019/4/26) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→壁ドン!(1) (ビッグコミックス)
人生逆転の壁!本格ボルダリングロマン!
中学時代、空気以下の存在感で最下位男子だった大野会心(かいしん)は高校入学初日、誤って転落死しかけたところを同級生の夏目登姫(とき)に救われた。登姫は世界が注目する天才ボルダリング少女だった。登姫に自分のコンプレックスだった痩せ型の体型を褒められた会心は、新しい自分に出会うため、スポーツクライミング部に入部。目指すは大きく五輪出場!最下位からの人生大逆転の壁、登れるか!?


■当サイトの著者他作品レビュー
佐久間力/ MAGiCO

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM