志摩時緒/ジェミニはお年頃


ジェミニはお年頃 1

■友達から恋人に、つきあいはじめたばかりの彼女には、 同じ顔をした弟がいた。

学校の下駄箱で靴を履こうとしていた男子は、女子に 私立の男子高を受けるの?と問われる。「一緒の高校じゃなきゃ 嫌だとか可愛げのあること言えばいいのに」と返すと 彼女は「なにそれ言うわけないじゃん」と笑った。


そんな第0話、二人の関係は?というと、同じ顔した 双子の姉弟。姉は公立校へ行き、 そこでよくつるんで遊んだ男子と付き合いはじめたばかり。 彼を家に呼んでそこで彼は彼女の弟と出会うのだった。


学校で男女四人で遊んでいた残りの 2人に関するエピソードも混ぜ込み、男子高に通う 弟の周辺の話もちょっと広げる。 が、主人公自身については、 いろいろな展開は考えられつつも、それは可能性だけ 提示されて、話はそれ以上膨らまない、脱線しない。


普通の穏やかな恋愛の話は心地よいが、 本作の場合、弟くんという現状あぶれている存在がおり、 彼のもやもやとした気持ちが描写されているのは面白い。


【データ】
志摩時緒
ジェミニはお年頃
【発行元/発売元】白泉社 (2019/4/26) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ジェミニはお年頃 1
昨日までクラスメイトの可愛いあの娘は今日からは俺の彼女☆ でも同じ顔した双子の弟がいるせいで毎日がドキドキの放課後。「楽園」本誌で人気の「イチャラブ+ちょっかい少年」な高校生男女三人物語。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 志摩時緒/君にしか教えない
【オススメ】 志摩時緒/夜にとろける
志摩時緒/あまあま

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM