BIKI、高田桂/いぐのべる ブラジャーはガスマスクになるんですか?


いぐのべる ブラジャーはガスマスクになるんですか?(1) (講談社コミックス)

■イグ・ノーべル賞を目指すことになった大学生たちの挑戦を 描く理系大学ゼミコメディ。

大学の理工学部、生命科学科の研究室が舞台。 教授はイグノーベル賞を渇望しており、 その夢を自身の教え子に期待していた。 なぜなら彼は、筋金入りの阿呆だから。


ノーベル賞のパロディとして生まれたイグノーベル賞は 獲ろうと狙って獲るものではない、賞を意識したらあざとさが生まれる、それはこの賞の趣旨にあわない。しかし純粋な人間は そうしたジレンマに陥ることはないだろう。 として教授のお眼鏡にかなったのが学生なのだった。


という話で、イグノーベル賞を受賞した研究を 絡めながら、話は彼らがどういう研究をしていこうか 模索する方向で進んでいく。ちなみにテーマは、何かとっても エロい研究がしたい、ということで、話はエロコメディ要素あり。


研究室は男子ばかりでなく女子もいる。そのうちの一人は、 主人公である男子のストーカー、ということで モテ要素のない話ではない。ないのだが、主人公の男子が 女性の趣味がゴリラ系という無茶苦茶な設定となっているので、 ラブコメ要素は進まない。ラブコメ話にするつもりがないから なのだろうが、おかげで物語は割と空転している感は否めず。


最終的には主人公が12年後にノーベル賞を受賞する 話だそうなので、どう辻褄あわせて物語を作っていくのかは 興味深い。最近そんな若い年齢でノーベル賞もらうことは ないんじゃないかなと思いますけど…あれ、もはや功労賞 みたいな域になってますんで…。イグノーベル賞を狙ってノーベル賞に向かってしまう、という皮肉な設定は面白いが。


エロを科学的に研究する、というスタイルに、 さらにイグノーベル賞という要素までぶっこんできたのは 凄いが、それで話として転がしていけるのかどうかは 疑問のある展開になってきた。


【データ】
原作=BIKI、漫画=高田桂
いぐのべる ブラジャーはガスマスクになるんですか?
【発行元/発売元】講談社 (2019/4/9) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ いぐのべる ブラジャーはガスマスクになるんですか?(1) (講談社コミックス)

「教授、何かとってもエロい研究がしたいです」“この世で最も不名誉な賞”イグ・ノーベル賞に、モテの光明を見出した学生たちがいた──。バカの如く実直に、どうしようもなく不器用に…! モテない理系学生・猪瀬双六が、“この世で最も不名誉な賞”イグ・ノーベル賞に挑む! 研究テーマは、誰もが知りたい「モテ法則」の解明…!?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 高田桂/サポルト!木更津女子サポ応援記
【オススメ】高田桂/フ・ラ・グ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM