軽井沢旅行記

・軽井沢は近い。新幹線ができて、大宮から軽井沢は50分程度となった。ただし列車は一時間に一本程度しかないのだが。料金も指定席で5,000円程度である。

KYUKARUIZAWA KIKYO, Curio Collection by Hilton に2度めの宿泊。ウェルカムドリンクとアペタイザーで歓待受けているうちに部屋のセッティングが終わるという高級ホテル接客仕様。今回は夕食はつけずで2.4万円。ダイヤモンド会員なので朝食はつく。ここのラウンジはヒルトン会員であれば誰でも無料バータイムが利用できる。ただし軽食はなしなので通常のエグゼクティブラウンジとは違う。ワインは長野のもの。でも前にあったシャトー・メルシャン椀子(マリコ)がラインナップから消えた…。ちなみに会員アップグレードがあったが知らえてみると前回泊まったのと同じ部屋だった。ミニバー自由無料なのだが、前回はあったはずのウイスキーのミニボトル類がなかった。ヒルトンはいろいろ入れ替えてくるので前回の経験はあまり参考にならない。朝食は美味しいが品数がないかな。でも卵料理をメインでテーブルに持ってきてくれるスタイルは嬉しい。平日に泊まったとはいえこの値段で提供してくれるサービスとしては最上級。該当料金での宿泊だったのでヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの割引券も使用してみた。

万平ホテル に念願の宿泊。買ったままだった日本クラシックホテルの会のブックレット(クラシックホテルパスポート)も持参してスタンプ押印。これから3年間であと8ホテルの全制覇を狙う。 今回は夕食つき、本館アルプス館で4.0万円という比較的割安のプラン。なので夕食は軽いコースだったが、それはそれでちょうど良かった。クラシカルな部分は守りつつ、部屋は空調ありパネルヒーターあり、タンスは地元の名工だしベッドも特注なのかいいものを使って、雰囲気壊さないながらも現代風にアレンジしているのは素晴らしい。現在は森トラスト傘下なのだが、下手な商売に変えてないところが流石。ベッドで寝転びながらテレビを見るということはできないのだが、まぁこのホテル泊まる人はそういうことがしたいわけではないだろうから無問題。バーもオーセンティックな雰囲気ってこういう感じかしらんという風で、良いホテルのバーを体現。ここは立ち寄ることをオススメ。パジャマはとても着心地良く、売店で購入。6,000円也。朝食は和定食をチョイスしたが、おかずが贅沢なほど種類が多くて食べきれないほどだった。お粥頼むと盛りだくさんで来るので結構面食らう。いろいろ部屋付したので会計は膨らんだが、ここはANA旅行券で支払い。飛行機乗らないがANAの旅行券積み立てているという矛盾した行動をとっているのだが、一つは誕生日祝い等への流用のため、そしてもう一つは旅行券で支払いができるホテルが案外あるから。まぁ普通は旅行で使うんでしょうが、郵送とか結構面倒なので、ホテル宿泊に使うとベター、ということを学んでしまった。ちなみに送迎はない。無料バスもない。が、これは閑散期だからで、4月下旬から11月にかけては、いわゆる赤バスというのが駅のそばから出ていてそれに乗ればいいらしいことがわかった。でもそれが出てない時期のほうが堪能はできるよと皆慰めてくれた。

・軽井沢観光は、歌人が所望したのでスーパーのツルヤへ。確かにオリジナル商品多くて面白い。地元の人は、よく使ってます、というのと、夏は観光客でいっぱい、みたいな反応とでこれも面白かったが。別荘持ちは重宝しそうな店ではあった。マルスウイスキーの長野県限定という信州を購入。これが、するする飲めてしまう…。いけないわ…。なおスーパーの目の前にはバス停があるのだけれど、バスがなかなか走っていない問題あり。どうにかこうにか西武観光の巡回バス乗ったけど、そこで感動したこと。軽井沢に、ラウンドアバウトあるんだ!交差点は、全部これにすればいいのになあ。あとは東京にもあるがブランジェ浅野屋でイートイン。というかビーフシチューとバインミーを頼んだ。パンも当然美味しくて、オリーブオイルの提案もあり、これは楽しめた、入ってよかった。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM