このマンガ一巻がすごい!2019年04月編

今月に読んだ漫画1巻で特に印象に残った作品をご紹介
月間オススメ

□今月のパワープッシュはこちら(今月レビューした本ベースなので新旧入り混じっております。旧作クラシックも含みます) 
1. メノタ/果ての星通信
2. 安堂友子/マチ姉さんの妄想アワー
3. 高橋葉介/師匠と弟子
4. 近由子/おあいにくさま!
5. 今越章了/開演のベルでおやすみ
6. 西條奈加、尾瀬あきら/善人長屋
7. 野村宗弘/ぴっかり職業訓練中
他に、 2018年作品ですが ゆうきまさみ/新九郎、奔る! 、 一巻完結ですが 小日向まるこ/アルティストは花を踏まない 中川いさみ/重粒子の旅 −鼻にガンができた!− 尾崎かおり/ラブレター 中溝康隆、富士屋カツヒト/ボス、俺を使ってくれないか? もおすすめです。



おあいにくさま!(1) (アフタヌーンコミックス)
■【オススメ】 なんだこれは、∪ターン幼馴染ものかと思いきや、 歪んだSMものではないか… よく考えたな、これ。 → 【オススメ】 近由子/おあいにくさま!


ぴっかり職業訓練中 (1) (ニチブンコミックス)
■【オススメ】「 とろける鉄工所 」の著者による溶接職業訓練もの。 → 【オススメ】 野村宗弘/ぴっかり職業訓練中


ボス、俺を使ってくれないか? (ヤングアニマルコミックス)
■【オススメ】一巻完結野球もの。 メリハリあって勢いあるので一巻ものとしてオススメ。 → 【オススメ】 中溝康隆、富士屋カツヒト/ボス、俺を使ってくれないか?


ラブレター (アフタヌーンコミックス)
■【オススメ】 物事は一面ではなく少なくとも表裏二面あり 実際は多面的である、という話。 → 【オススメ】 尾崎かおり/ラブレター


果ての星通信1 (PASH!COMICS)
■【オススメ】異星に飛ばされその施設で10年間を過ごす はめになった青年の巻き込まれ型SF。 → 【オススメ】 メノタ/果ての星通信


重粒子の旅 ―鼻にガンができた!― (ビッグコミックススペシャル)
■【オススメ】 ガン治療の経験をここまで淡々と飄々と描いた 作品は他にはない。というか担当編集に当時一切 説明していなかったというのが一番凄いかも…。 → 【オススメ】 中川いさみ/重粒子の旅 −鼻にガンができた!−


開演のベルでおやすみ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
■【オススメ】自信のなさゆえに他人を演じる ことに長けた少年が、演劇部にスカウトされる。 → 【オススメ】 今越章了/開演のベルでおやすみ


師匠と弟子(上) (ぶんか社コミックス)
■【オススメ】 幻術師と、そこに弟子入りすることになった 少年との話。歪んだ愛情を飄々と描く。 → 【オススメ】 高橋葉介/師匠と弟子


マチ姉さんの妄想アワー (上) (ぶんか社コミックス)
■【オススメ】昔話を改変した与太話。 手を変え品を変え面白い。この手のものは大の好み。 → 【オススメ】 安堂友子/マチ姉さんの妄想アワー


新九郎、奔る! (1) (ビッグコミックススペシャル)
■【オススメ】室町時代中後期、戦国時代初期を描く話は珍しい。 それを描くのがゆうきまさみ氏なら安心。 → 【オススメ】 ゆうきまさみ/新九郎、奔る!


アルティストは花を踏まない (ビッグコミックススペシャル)
誰かのために何かをできる人、か。なるほど。 意識高い系の理想の話に見えるが、ここで賞賛される登場人物たちの行動は、確かに褒め称えるべきものだと思う。 → 【オススメ】 小日向まるこ/アルティストは花を踏まない


善人長屋 (1) (ビッグコミックス)
江戸舞台の人情もの。善人のみが住むと言われる長屋。しかし 皆裏の仕事があって、というところに、それを一つひっくり返した 設定は、漫画に向いている。 → 【オススメ】 西條奈加、尾瀬あきら/善人長屋



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM