柏木ひなた 生誕ソロライブ2019「Dear you.」 @マイナビBLITZ赤坂 

柏木ひなた 生誕ソロライブ2019「Dear you.」 @マイナビBLITZ赤坂  ¥4,500

柏木ひなた 写真集 『 Dear. 』

・エビ中で一番チケットがとれない生誕ソロと言われるひなたのライブ。ファンクラブも先行も落選で一般も完売、だったが入金流れが出て何とかゲット。18年度は安本さん以外の5人は現場で見ることがかなった。

・内容は敬愛する安室奈美恵リスペクトかMCなし。エビ中の曲からはじめて会場温めた後にカバー含めて展開。安室ちゃん曲は今回も2曲あり。感極まって涙ぐむシーンもあり、引退ライブか、とツッコミたくなる雰囲気だったが、泣いたのは安室ちゃん曲を歌っていたときと、アンコールのMCで安室ちゃんについて語っているときだったので、安室ちゃん愛のなせるわざだったのかもしれない。ファンかくあるべし、というべきか。

・声に関しては、一時期の喉の状態からは戻って普通に歌える状態に。ただし絶好調とはいかず、ちょっと無理しているんじゃないかなと思う部分もあって、正直心配。ほんと、無理はしないで欲しい。

・全体としては、情緒不安定というか、振れ幅が激しいライブになった。ノンMC、ノンストップで本編を運ぶ一方、幕間の衣装替えはお馬鹿な企画映像で繋ぐ展開。本編最後でにこやかに喋ってはけた後、アンコールでは最後に、ここからが本番、として自身の夢だったことをやる、としてステージ上でパイ投げを受けるバカ展開。その顔のまま、大ラスで「ちちんぷい」歌い、そして長く真面目なMCで締める。客としては、早くその顔洗ったほうがよいのでは…と気が気でなかった。

・ところで。柏木さん本人は、話すのが上手くないので誤解される云々みたいなことを言っていたが、いや、そんな印象は誰も持っていないのではないか。うまく言葉が出てこない、なんて伝えればいいのか考えあぐねる、というのは自身としてあるのだろう。でも、受け手としては、言葉を選ぼうとしているのが感覚としてわかる。丁寧に伝えようとしているのが理解できるので、誤解することはないだろう。言葉が足らないで誤解を招く人は、大抵は思慮も足らないので、あれこれ考える前に話しているからで、考えた上で話している人はそこまで心配する必要はないと思う。

主催:スターダストプロモーション、後援:SMEレコーズ、企画・制作:SDR/H.I.P./ハーロック



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM