【オススメ】 朱戸アオ/インハンド


インハンド(1) (イブニングKC)

■【オススメ】パンデミック・ミステリ最新作。 フォーマットが定まり、安定の出来栄えに。

研究者である主人公のもとに、旧知である内閣の 危機管理部門から連絡が入る。そこで見せられたのは、 ある病床の写真。その患者は1977年に地球上から 根絶されたはずの天然痘にかかっていた。


片手が義手の天才研究者が助手とともに、 政府筋の依頼に応えつつも勝手に動く 行動派医学ミステリ。著者お得意の内容だが、 シリーズ化したことで役割が整理され、 より読みやすく読み応えもある 物語に仕上がっている。 そもそも主人公自身の話はほぼ描かれておらず、 こうした本筋をとっておいて展開できる シリーズ作品は、強い。


根絶したウイルスが なぜ今存在しているのか、それがどうして 蔓延しているのか。 スケール感がほどほどなのは 手始めとしてはよく、一巻丸々使わずに 最初のエピソードが完結するのは 手際が良い。読み応えある上に、 次の話も読めるのか、というのは嬉しい喜び。 そして次のエピソードは、パンデミックネタではない。 良く聞く題材ではあるが、楽しみ、というか興味深い。


本作から登場のキャラクター雪村潤月は 横走市出身ということで苗字は違うが「 リウーを待ちながら 」のキャラ転用スターシステム。 そうか、そういうこともするつもりがあるのか。


善悪両用性、デュアルユース、「科学は 公共の福祉にも戦争やテロにも平等に奉仕できる」 「否定するのは簡単だ」「でもそう簡単じゃないんだ…」、 「アメリカでは911以降国家科学諮問委員会が 論文のチェックをするようになったが今のところ トンチンカンな取り締まりばかりしてるぞ」 「それに歴史的に見てもっとも科学技術を悪用しているのは 国家だぜ」、 人の事情などどうでもいい、 などという主人公の主張は明快。安易に流れる意見への 否定は同意。 あとがき予告もどういう趣旨かわからないが 「そもそもスポーツは健康に悪い!」「だからドーピングなんてガンガンやればいいんだ ドーピングは古代オリンピックの時から行われている由緒正しい身体コントロールなんだぞ!」というセリフがあり、 また言いたい放題正論を言わせていそうで面白そうである。


【データ】
朱戸アオ
インハンド
【発行元/発売元】講談社 (2019/3/22) ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ インハンド(1) (イブニングKC)
地球上から根絶されたハズの伝染病・天然痘を疑われる患者が都内で多数発生。牧野の依頼を受けた紐倉と高家は、感染経路を辿るうちに、これがただのアウトブレイクではなく、バイオテロの可能性があることに行き着く。犯人の正体、その意外な目的とは? 2018年イブニングでスタートした、義手の天才学者・紐倉哲が主人公の医療ミステリー。新シリーズ、いよいよ刊行開始!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 朱戸アオ/インハンド プロローグ
【オススメ】 朱戸アオ/リウーを待ちながら
【オススメ】朱戸アオ/Final Phase
【オススメ】 朱戸アオ/ネメシスの杖

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM