田川ミ/こりせんまん


こりせんまん 1 (アヴァルスコミックス)

■妖狐が仕方なく化狸を養育する話。 一話が唐突だが設定を飲み込めば面白い。

獣の中には稀に特別な力を持った者が生まれる。 そうした化獣の話。かつて強い狐が悪行が過ぎ、 日の神は狼をけしかけ成敗させた。 そして眠らせること三百年。再び目覚めさせたのだが、 姿形は小さくなり、魔力は取り去られ、神の 言いつけに背こうとすると古傷が疼きだすという始末。 さらには、幼い化狸の子を立派な神の眷属に 育て上げよ、との使命を与えられるのだった。


ということで、神だなんだと話はあるが、 基本は狐の子狸子育て話。疑似家族もののようなもの。 人間に化ける場面はあれど、動物しか出てこない。 狐自身の力は失われたが、狸の力は強大で狸が 变化すると一緒に变化してしまうという状況。


力を持つがゆえの不幸と、その力をどう使うか、 の話。そこに事件が舞い込み勉強しつつ解決する というエピソードの重ね方。話としては 実はそう珍しくもない内容なのだが、これを動物だけで 見せるというのは面白い。そういえば狸ってのは 世界的には珍獣の枠に入るめずらしい生き物 らしいですね。


【データ】
田川ミ
こりせんまん
【発行元/発売元】マッグガーデン (2019/3/14) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ こりせんまん 1 (アヴァルスコミックス)
悪キツネ、子ダヌキを養育す。 今は昔、世間を騒がせた悪名高いキツネ。そのキツネに突き付けられた解放の条件は、強大な力ゆえに孤立した子ダヌキの養育で…。


■当サイトの著者他作品レビュー
田川ミ/麦の魔法使い
田中ミ/ちちこぐさ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM