星野めみ/すずなり動物ハウス


すずなり動物ハウス : 1 (ジュールコミックス)

■ペットホテルを舞台にした、古風で健気な話。 いまどき古臭いが、一周2周まわって逆に目新しいのかも。

22歳のヒロインは懸賞マニア。普段はめったに当たらないのだが、 たまたま応募したポニーが特賞で届いてしまう。 四畳半のアパート暮らしでは飼うわけにもいかず、必死に探したのが動物を預かってくれるというペットホテルだった。


そのペットホテル、すずなり動物ハウスを舞台にしたお話。 オーナーは喜寿の女性、ひ孫がおり、取扱業者は獣医の男性。 ヒロインは施設育ちで、22歳になったら自立しなければいけない、 というタイムリミットのある身。就職が決まらず焦っているが、 簿記1級の資格持ちで経理的センスは持ち合わせていた。 ということで、彼女はそこで働くことになる。


古風な人情派物語なのだが設定は良くも悪くも韓国ドラマなみに複雑。 ペットホテルの経営はもちろん思わしくない。ただしそこはヒロインの ウルトラCにより解消される。オーナーの家族はこのペットホテルを 作った孫夫婦が早死に。ひ孫にもエピソードあり。獣医にしても人里離れた場所にいる理由がある。


一方でエピソード的には動物を預ける側にもいろいろ理由が あるはずだが、そのあたりは一巻ではあまり描かれず。 その分預かる側のいろいろを描いているのでこれ以上は多牌だから適切な整理だろう。


そしてあとがきでは本編一切関係なく氷川きよしさんのことしか 書いてないところが素晴らしい。


【データ】
星野めみ
すずなり動物ハウス
【発行元/発売元】双葉社 (2019/3/18) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ すずなり動物ハウス : 1 (ジュールコミックス)

『夢ホテル』の星野めみが描く【感動の動物マンガ】。懸賞マニアの山田すずは、ポニーを当てて困ってしまい、「すずなり動物ハウス」というペットホテルにやってきた。すずは、身寄りがなく就職もできずにいたが、オーナーの真行寺珠江の計らいで、経理として働かせてもらうことに。「すずなり」には他に、獣医の瀬戸一郎、珠江のひ孫・華子がいた。孤独だったすずは、周囲の温かさに触れ、少しずつ成長していくのだった。星野めみファン待望の最新作!!


■当サイトの著者他作品レビュー
星野めみ/動物ER ワンコはワンコ
星野めみ/「花のや」でございます

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM