sora tob sakana『World Fragment Tour 』

sora tob sakana『World Fragment Tour 』 → sora tob sakana Official Website

sora tob sakana/World Fragment Tour (初回生産限定盤) (3枚組)

・楽曲派アイドルの雄。いや女の子相手に雄もないが。あまりのコンセプトの格好良さゆえに特殊なファンしかついていない印象もあるが、順調にステップアップしている部類だろう。

・ニューアルバムは、全曲新曲。えらい。PVは先行で一曲、ライブでももう一曲やったくらいか。アニメのオープニング・テーマとなった曲をアルバムに入れない、という挟持。サブスクリプション配信の時代にアルバムを出すなら寧ろ先行シングルなしのこの手法が正しいような気もする。

・今回はアルバムは深く掘り下げる方向よりも、幅広いバリエーションを見せる方向に持っていった感じ。もっと深く深く行っても良かったように思うが、これはこれであり。聴き込みたい。

・形態は複数。ブルーレイ2枚つきの3枚組¥10,584というのがあり強烈な感じはするが、一番ハイスペックなこれを買えば他は不要なので良心的。しかも夏の夜公演まるまる収録で、MV集も付いている。コメンタリーもあり。普通にライブ円盤買ってCDも、となったらこの金額では収まらないので、これを凶悪と言っていたのをどこかで見て、え?そう?と思ったのだが、こちらが毒されているんだろうか…。

・ライブ映像は、エビ中ちゅうおんを見た直後では、幼いな、まだまだだな、と思うが、いや幸せな空間であることはよくわかる。あ、でも、引いて客席も含めておさめようとするカメラワークは要らないと思う。客の湧き具合は絵で見せるものではなくて、ステージ映すだけで表現すべきものなので。

・しかしこの良いバランスの4人が見られるのもあと少し。音楽的に忙しく忙しないこともあり頭数がいたほうがいいグループなのに、柱であるれいちゃんの脱退は割と試練。一番低い音域を担当していた人が抜けるのが結構なダメージなのはあちこちの例で見ての通り。ふうちゃんはスター、まなちゃんは次のスターで次世代ロケット、寺口さんは飛び道具の核弾頭、それに対してのれいちゃんが柱のツートップ体制だったから、休演回数も少ないれいちゃんが抜けるのはいろんな意味で心配。でもまぁピンチをチャンスに変えるのはエビ中に限らずアイドルの強み。そう信じたい。れいちゃんもオサカナも、バンドセットもみな共に未来に幸あれ。

・アルバムは業界紙デイリー18位から30位より下に落ちつつ3日めには19位に戻ってきた。週計で過去作品の2,000枚という壁を超えてどこまで積み重ねられているかが焦点。まぁサブスクリプションもしているので、枚数自体にさほど意味はないと思いますが。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM