ClariS 1st HALL CONCERT TOUR 〜Fairy Party〜 @昭和女子大学人見記念講堂

ClariS 1st HALL CONCERT TOUR 〜Fairy Party〜 @昭和女子大学人見記念講堂  ¥7,500

Fairy Party(初回生産限定盤)(DVD付)

・クラリスは考えてみれば今一番売れている女性デュオになるのではないか。女性二人組というのはピンクレディーという超大物が出て以降は割と鬼門で、その後はアイドルをある種完成させたWINKと、そうした既成概念をなぎ払ったPUFFYが大物。そんな中、顔出ししない現役中学生ユニットとして出てきたClariSは個性という点でこれまでの大物同様にかなり目立つものだった。クララがアリスを引っ張って表に出てきた、というのは、実はあみんに似ているが。ちなみに女性フォークデュオという路線はKiroroや花*花など割と例がある。

・そして気づいてみればClariSが表に出たのは2009年、メジャーデビューが2010年ということでそろそろ10周年。少なくともクララは来年度で中学11年生ということになり、つまりストレートなら4年制大学も卒業というお年頃である。高校生ユニット、というイメージが強いのだが。

・顔出しナシでどうライブをやるのだろう?GReeeeNみたいな感じなの?と事前には思っていたのだが、今ではそういうコンセプトというわけでもないと知る。この辺が、メンバーの年齢や学業卒業と絡んでいるのだろうか。

・ステージは、物語仕立て。ファンタジーな設定の中で、物語にしたがって進んでいく。MCの語りののち、メンバーのクララ、カレンのナレーションも経て本編へ。仮面というかアイマスクかぶってのライブアクト。だが途中のソロ曲パートでは素顔で登場。じゃあアイマスクのギミックは不要なのでは?と思っていると、後半パートは素顔でのステージングに。カメラも普通に抜いてスクリーンに映し出されるのでシークレットでもなんでもない。そして二人とも普通にかわいい。というかクララに関してはお姉さん感あふれていて少女という感じでもないが。

・エンディングも映像作り込み、更にMCもあって締めるという形で、構成しっかり。メッセージがエコ宗教っぽく、それがカレンちゃんプレゼンツの内容だったということで若干の不安を感じなくもないが、まぁそれはそれ、世界観のあるライブではありました。

・会場は女子大の中という立地だがコンサートホールとして定評のある人見記念講堂。2,000席だが見やすい設計。

後援:SME Records、企画・制作:RunTime Music Entertainment/CB Agent、協力:リスアニ!、主催:DISK GARAGE



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM