「マジックポップ」 神崎風花(sora tob sakana) / 原田珠々華 @吉祥寺Star Pine's Cafe

「マジックポップ」 神崎風花(sora tob sakana) / 原田珠々華 @吉祥寺Star Pine's Cafe  ¥3,500

・ティーンの女性シンガー二人によるイベント。出演は、元アイドルネッサンスで現在はソロアーティストとして活動中の原田珠々華と、sora tob sakanaの神崎風花。実際に二人は友達であるらしく、そこで風ちゃんのソロ企画が立ち上がった際、共演相手にずーちゃんを推したのだそうな。ちなみに、神崎さんのほうが一個年上。そうなのか。

・まずは原田珠々華から。ソロアイドル、という括りをされるが、持ち歌は自作のシンガーソングライターである。ギタリストを従えつつ、自身がギター弾き語りする場面もあり。雑な言い方をすると、あいみょんとコレサワの中間という印象。良くも悪くも、個性のないギター女子的な歌声ではあるので、3曲めあたり(「聞いてよ」かな?)でやっていた割と情念こもる系の歌い方のほうが受けそうな気はする。30分足らずで交替。

Moon Light

・続いては、初のソロだという神崎風花。普段は4人でやっているオサカナ楽曲をバンドメンバー3人従えて一人で歌い切る。ファンなので贔屓目もあるだろうが、伸びやかな声は聴くものをどこかへ連れて行ってくれる類のもの。トリップ感を覚える歌声は、なかなかない。このソロライブでは、それが存分に堪能できた。カバーでは、椎名林檎「NIPPON」意外、と思ったら当人曰く、自分でセットリスト選曲しているとバラードばかりになってしまうので、そこで友人がカラオケで歌っていたこの曲に目をつけた、ということで特に思い入れがあるわけではない様子。しかしセトリにメリハリつけようとする発想はよろしい、嬉しい。そして、奥華子「ガーネット」おお。ワンコーラスめはキーボードで弾き語り。途中でキーボード運び入れるというのも珍しいが、始める前にエクスキューズをしつこくしていた割には上々の出来栄えではないでしょうか。割と尺たっぷり。

sora tob sakana/World Fragment Tour

・最後はずーちゃんを呼び込んで、二人でそれぞれの楽曲を。声質違う二人のユニットも、面白そうだ。ここで本編終了、アンコールなし。特典会もあるしね。

・会場は吉祥寺駅ほど近く、旧近鉄百貨店、現ヨドバシカメラの奥。曼荼羅系。整理番号順に外できっちり並べるスタイル。入場時にもぎりとドリンク注文があり、予習していってよかった、というのもここはドリンク代徴収ではなく1ドリンク制で、いろいろ種類があるが値段が違う。なのでメニュー見ながらまごまごしていると後ろがつかえてしまう。一方でカクテル頼んでしまったら、きちんとしたグラスで出てきて、重いわ手が冷えるわ。場内をスタッフさんがグラス回収に回ってくれたのでその点は便利だったが。飲み物は美味しく、しっかりしたグラスで出るので、テーブル席で座って見られるような公演は天国かもしれない。

主催:株式会社ジ・ズー、企画:株式会社ジ・ズー、制作:株式会社Aqua Factory

全席自由席 ※整理番号順の入場 ※前方着席・後方スタンディング ※入場時ドリンク代別途必要

参考: 神崎風花×原田珠々華 ツーマンライブ「マジックポップ」 - 飛んで!回って!またブログ



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM